【巨人】吉川尚輝の腰!守備の天才だからイップス!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「吉川尚輝 23歳 常勝軍団 復活のキーマンへ」で吉川尚輝選手のセカンド守備を見ていました。

坂本勇人の指導もあり、吉川直輝の守備光っています。

巨人の歴史に残す二遊間になれると誰もが思っています。

吉川尚輝 が井端コーチと毎日のように居残り練習!坂本勇人も指導

完璧そうな井端が見れば吉川尚輝も弱点もあるそうです。

吉川尚輝 の魅力!守備範囲の広さの源である脚力が弱点?

守備範囲の広さの源である脚力が、同時に捕球の際に弱点も生んでいるというとのことです。

ショートではなくセカンド、さらに主に人工芝の球場であり、内野ゴロだと無駄に全力疾走をしないこと。プロ相手だと待って捕る方がいいとのことです。

吉川尚樹、は華麗なプレイは上手ですが、正面に来たボールさばきがよくないと言われてしまう原因だと思いますね。

吉川尚輝の線が細いがための体力が足りない!

2017年度は、吉川尚輝ってドラフト時の評価だと京田や源田より評価が高かったのですが、キャンプから頑張って、オープン戦で『使ってみよう』と首脳陣から与えられたチャンスを、京田や源田はモノにしました。

吉川尚はケガで出遅れ、アピールできる環境を掴み損ねたところもありました。体重も減ってしまったとのことで、思うような一年を送ることができませんでした。

技術的課題は解消されるだろうが、問題は体力かもしれません。高橋由伸監督も、吉川尚輝内野手の体力面を課題に挙げています。

コンピ名は「サカナオ」スーパーコンビ!

キャンプでの練習では、吉川尚と坂本勇のコンビが繰り返し連携プレーを練習していました。

 一番の売りはスピードです。広島は、菊池、田中が不動の二遊間として君臨し、強固なセンターラインを形成して強くなりました。中日が強かった時代も荒木と井端のアライバコンピのおかげで優勝ができたと言われています。この二人は、報知新聞ではサカナオコンピと呼んでいますね!

坂本と吉川の共通点は?

坂本と吉川の共通は多いと言われています。

ハズレ1位

ヤンチャ

学生時代はショート

広い守備範囲

とってから投げるまでがくそ早い

華のあるダイナミックな守備とプレースタイル

投手豊作年のショート

ライバルのショートが中日に行った(京田と堂上)

ドラフト年投手ナンバーワンは田中(正義とまさお)

それではサカナオコンピはどこを目指せばよいでしょうか。過去には以下のような名コンビが有名でした。

過去の二遊間コンビは?

下記のコンビに坂本と吉川は入る可能性はもちろんありますね。

土井正三&黒江透修(巨人) 66年からコンビを組み堅実な守備力でV9に貢献。黒江は「豆タンク」の愛称で親しまれた。

荒木雅博&井端弘和(中日) 02年からアライバコンビとして13年まで続いた。04年から09年まで6シーズン連続でゴールデン・グラブ賞を受賞した。

菊池涼介&田中広輔(広島) 15年からコンビを組み、16、17年は不動の二遊間でリーグV2に貢献。菊池は13年から5年連続でゴールデン・グラブ賞を受賞し、球界を代表するセカンドに成長。

まとめ

今後このコンピはどのような形になっていくのでしょうか!楽しみですね!

吉川尚に関するトピック

こんにちは、管理人のyoshiloverです。巨人のイケメンと言えば、巨人のイケメンといえば、小林選手や坂本選手、陽選手なのが有名ですが、吉川尚輝選手は負けず劣らずのイケメンです。今では吉川尚輝親衛隊までできています。男に人気があるようです
こんにちは、管理人のよしです。亜細亜大学って大阪桐蔭の田端・近田選手も入部即退部してたり常葉菊川の四番打者も辞めましたよね?また横浜DeNAの小杉選手も亜細亜の寮を脱走したと聞きましたし、大変なのでしょうか。吉川尚輝の亜細亜大学とは?退部亜
こんにちは、管理人のよしです。岡本和真と吉川尚って今年の巨人戦を楽しませてくれている二人ですよね。球場やTVでも応援歌や登場曲が耳に残るっていると思いますが、改めて聞いてみましょうか。岡本和真応援歌【前奏:歴史を築け 岡本和真】夢あふれるフ
2016年度のドラフトではよく比較された2人ですが、昨年は京田はシーズンを通して、ショートを守りつつけましたが、吉川は2軍での生活!どうして、こう差がついてしまったのだろうとも言われいましたが、プロでの勝負はまだまだこれからです。
ジャイアンツの最大の課題であるセカンドについて述べてこうかと思います。代表的なセカンドであった仁志敏久選手を振り返ってみましょう。守備力を振り返ってみましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク