吉川尚輝の守備!井端 弘和との関係!スピードが一番の売り!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉川尚輝はプロ入り前の中京学院大学まではショートを守っていたが、巨人では二塁でした。

日本代表ではショートとセカンドを守り、井端の圧倒的な推薦があり、活躍をしてしまいました。

あの無理な出場がなければよかったと思ってしまいますが、井端と吉川の関係は深いものです。

セカンドというポジションは?

「エラーしなきゃいい」と言われたポジションでした。右打者がほとんどだった時代には、三遊間に比べればゴロの勢いは弱く、捕球後、一塁までの距離も短い。併殺時の二遊間のコンビネーションもほとんどなく、あまり重視されていたポジションではなかったのです。

しかし、現代のプロ野球は、左打者、しかも強打者が増えているので、必然的にセカンド方向への打球は強くなっていまうす。かつ一塁手はベース近くを守る必要があり、セカンドの範囲はショートより、はるかに広いくなっています。

それだけにセカンドというポジションはいかに難しいと思いますが、意図もたやすくものにした吉川尚輝の野球選手は天才だと思います。

吉川尚輝の卒業した中京学院大学の育成方法は?

吉川 尚輝が卒業した岐阜・中京学院大は、選手の自主性を重んじる育成法であり、「やるかやらないかは自分次第。自分で考える時間が多かった。もちろん、それがいいところでもあった」という自由な環境であったそうです。

能力のあった吉川尚が技術的な矯正や指導を受けることは少なかったはずです。

井端 弘和が吉川尚輝に技術的な矯正や指導をする

井端は吉川をショートでためしたい

そんな吉川尚輝が井端 弘和がセカンドの猛特訓を受けていました。井端は下記のように話しています

「今は二塁もショートもできる選手はそんなにいない。しかも動きに制約のある二塁より、ショートの方が吉川の持っている能力はより出しやすいとは思いますね」

「吉川の一番の持ち味はやっぱりスピード。三遊間の当たりや、前の打球へのチャージなど、そのスピードを存分に生かした守備ができる。

ショートを守らせたときの守備範囲の広さでいけば、今はもう坂本(勇人)より広い。尚輝のスピードを守りで生かせるという点では、ショートは一番のポジションだと思います」

井端 弘和コーチの持論、バッティングはあとから伸びる

井端コーチは守りが安定してくれば打撃に専念できると話しています.井端コーチ自身は30歳ぐらいまでかかったとのことですが,吉川選手はまだバッティングでは活躍ができてませんが、まだまだ伸びしろがありますよね。

今年は丸から打法をみて、すぐものにしたのが天才としてしか考えられません。

井端の吉川尚輝への評価は?

守り範囲の広さだけなら、広島の菊池に勝っているとはなしています。

また、打球が飛んできてそのボールに追いつくスピードであれば12球団で一番の速さだとのことです。そのスピードが守り範範囲の広さにつながっていると。

まとめ

2019年では試合に出ていなくて悲しいです。悲しい中ですが記事とします。来年の大ブレイクを願って。

2020年は井端が巨人に戻ってくると嬉しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク