【巨人】吉川尚輝が外野へコンバート?代わりの選手はいるのか?哲人?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉川尚輝が外野コンバートとの噂が出てきました。

腰痛でリハビリ中の吉川尚輝が3軍の中央学院大戦に9番レフトで実戦復帰しました。

ただ、セカンドの復帰ではないことに驚きを感じました。

こんにちは、ヨシラバーです。吉川尚はが登録抹消となりました。井端が発言していたとおり、一年持てる動きでなかったのは確かですね。守備にバッティングに一生懸命でした。コーチ陣やOBなども尚輝への期待はデカかったので、本人も頑張り過ぎたのでしょう

吉川尚輝のプロフィール

出身地 岐阜県羽島市
生年月日 1995年2月8日(24歳)
身長 体重 177 cm 79 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手、遊撃手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年5月14日
年俸 2,800万円(2019年)
経歴 中京高等学校→中京学院大学→読売ジャイアンツ (2017 – )

吉川尚輝が外野で復帰を果たす

8月29日、腰痛でリハビリ中の吉川尚輝が3軍の中央学院大戦に9番レフトで実戦復帰しました。

守備は軽快にこなしたが、3回に迎えた打席では代打を送られ、打席に立つことはありませんでした。

4月に登録抹消となってから実戦復帰まで4カ月半でした。とても長かったですね。

打席に立たなかったのは最初から想定通りでしたが、レフトでの復帰は少し不安となりました。

吉川尚輝が外野へコンバートとなると巨人の構想が変わる

セカンドのレギュラー候補の筆頭だった吉川尚輝が外野にコンバートされることによって、ジャイアンツのセカンド争いは混沌としてきます。

仁志敏久以来、不動のセカンドが定まらない巨人のオアシス的な存在でした。

現在は若林、田中俊太、増田、山本らが競っています。

若林晃弘

若林は2019年シーズンの活躍は見事なものです。スイッチヒッターということで、アドバンテージはあります。少し疲れがみえるとはいうものの、セカンドの守備はあまり上手ではないかと思います。

若林選手が大活躍です。しかし昨年のNACK5でプロテクト外ともらされていました。今の活躍をみると、獲得されずによかったです。若林晃弘のプロフィールは?出身地 東京都中野区生年月日 1993年8月26日(25歳)身長 180 cm体重 77

山本 泰寛

巨人は、守備能力を高く評価して慶応大学から獲得しています。「ゼニの取れる守備」とまでいわれていましたが、巨人でファンはそうとは思っていないようですね。

巨人山本 泰寛はイケメン慶応ボーイであり、東京都出身(荒川区)であります。同じポジションには吉川尚がいるため、なかなか一軍にあがることが出来ずにいました。ただ、ポテンシャルは高いため期待大です。巨人山本 泰寛のプロフィール出身地東京都荒川区

増田大輝

足も守備も良いですがバッティングに難点があります。第2の鈴木コーチを目指しているのではないでしょうか。

2019年6月15日のバース・デイ(TBS)で増田大輝が特集されます。2018年6月20日のTBS番組「プロ野球選手の妻たち」で増田大輝選手や、谷佳知さんがフューチャーされました。2015年の育成ドラフトで入団した選手ですが、どんな選手なの

山田哲人をFAで獲得する

歴代NO1のセカンドとまで言われる山田哲人がFAしたら巨人は確実に動くと言われています。

本人が巨人ファンでありますから、相思相愛ではありますね。

山田哲人はメジャー?ジャイアンツ愛がうわまっているのでしようか。 最短国内移籍可能なのは2019年シーズン終了後、海外FA移籍は2021年シーズン終了後となっている。

坂本勇人の後継者(ショート)はどうなる?

吉川は中京学院大時代から京田陽太とともに、世代ナンバーワンの遊撃手といわれた逸材です。

2018年は左脇腹を痛め、登録を抹消されている坂本勇人に代わり、遊撃に入ってから、吉川尚は7月に入ってからの打率は3割6分9厘と好調でした。

坂本も腰に故障を持つ身。数年先にはサードやファーストへのコンバートが必要です。

誰もか吉川尚輝を坂本勇人の後継者だと見ています。

吉川は世代ナンバーワンの遊撃手といわれた逸材である。 巨人では坂本がいるため、主に二塁を守っていたが、大学の先輩である広島東洋カープの菊池涼介を彷彿とさせる守備でチームに大きく貢献しているのです。

まとめ

吉川尚輝が外野コンバートになったら一気に山田哲人の需要が高まるかと考えられます。

今の巨人に打てるセカンドはいません。外野だったらそれ相応の打力求められます。

ただ、広島の菊池と変わらない守備を持つ吉川尚輝を簡単に外野へコンバートするとは思えません。

まだプロでの体ができていないと原監督もお話をしていましたし、リハビリを兼ねてのレフトであると考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク