【巨人】山下航汰はなぜ育成!高校通算75本!大学は?ライバルは清宮!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読売ジャイアンツ所属の山下航汰選手についてです。

去年のドラフト会議にて巨人から育成ドラフト1位を受けて入団します。

ただ、あの日ハムの清宮のライバルとまで言われた男はなぜ育成だったのでしょうか。

大学への進学はかんえなかったのでしょうか。

山下 航汰のプロフィールは?

出身地 大阪府柏原市
生年月日 2000年11月15日(18歳)
身長 176 cm
体重 80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手、内野手
プロ入り 2018年 育成選手ドラフト1位
年俸 240万円

山下は、大阪・柏原(羽曳野ボーイズ)出身。中学時代には、あのジャイアンツカップで優勝。実家には、中学時代に放った約20球のホームランボールがガラスケースに入れて飾られているという

山下 航汰は高校通算ホームランが75本の長距離砲!

健太高崎高校出身です。

その健太高崎高校では、2018年に“機動破壊”と呼ばれる積極走塁と先発野手の総本塁打数が200発を超える強打で今春の関東大会を制しています。

山下は、17年センバツで2年生史上初となる1大会2発の満塁弾を放ちます。高校通算75本塁打で、昨年の育成ドラフト1位で巨人入団した期待の左打者です。

ただ甲子園に出場できず目立たなかった

惜しくも夏の甲子園出場はならず、彼らの最強打線が多くの高校野球ファンの目に止まることはありませんでした。

山下 航汰支配下指名でなく大学を目指していた

「支配下で選ばれず少し残念」と心中を明かしていました。

大学を目指してプロに入ろうかまよったようですが親の言葉もあり、結局は巨人への進学となったようですね。

悔しかったですね。正直。自分は今まで後手後手というか、守りに入る選択が多かった。プロか進学かかなり迷ったのですが、一番は親からの後おし。「今行かなくていつ行くんだ」「大学で怪我をしたらプロにも慣れないんだぞ」

その結果、「育成でもプロに行こうと思っていた。下克上してやろうと思う」と話しています。

青柳博文監督は「(山下選手は)努力を惜しまない。プロという夢がかなってよかった。素直な気持ちで、ファンに応援してもらえる選手になってほしい」と期待を込められたそうです。

山下 航汰の2019年の2軍での成績は?

現段階で一軍出場はありません。

しかし、二軍では33試合に出場しており、規定打席には届いていないものの、打率.306、2本塁打、9打点と結果を残しています。

2年目の安田尚憲(ロッテ)やルーキーの中山翔太(ヤクルト)の数値と比べても、大きな差ありません。

今シーズンは一軍での出場機会は勝ち取れていないが、順調に成長していると言っていいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク