【巨人】山本泰寛の彼女・熱愛は?イケメン慶応ボーイで人気高し!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉川尚輝が怪我をしても田中俊太がセカンドを守ると思っていましたが、活躍しているのは当時は山本でした。

山本は慶応大学卒業でイケメンであり、パンチ力もあるのですが、なかなかスポットライトを浴びることができませんでした。

原監督は「甘いボールではないボールをヒットにできている。そこに価値がある」と称賛しており、レギュラーも確約しています。

そんな山本ですが、山本ガールズといわれる存在や彼女などはいるのでしょうか。

山本 泰寛のプロフィール

出身地 東京都荒川区
生年月日 1993年10月10日
身長体重 176 cm76 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手、二塁手
プロ入り 2015年 ドラフト5位
初出場 2016年5月1日
年俸 1850万円(2019年)

慶応高校・大学時代

慶應義塾高等学校では投手から遊撃手へ転向しましたが、甲子園への出場はありませんでした。

慶應義塾大学では1年春からリーグ戦出場。2年春から遊撃手のレギュラーとして定着し、3年春には優勝を経験します。また、副将を務めた4年秋には3本塁打を放ちました。大学リーグ通算78試合出場、打率.261280打数73安打、7本塁打18打点、6盗塁。

ドラフト会議で読売ジャイアンツから5位指名を受けました。

巨人は、守備能力を高く評価されたからでした。慶應高校時代からショートのレギュラーで、本格的にショートのレギュラーをつかんだのは慶應大学2年生の秋。レギュラーに定着すると、優れたフィールディング能力を発揮し、さらに持ち前の俊足と強肩を生かした守備で観客を魅了するようになりました。山本泰寛の優れた守備能力は、まさに「ゼニの取れる守備」とまでいわれています

慶応大学卒業で追っかけも多かったイケメン山本

甘いマスクの元慶応ボーイ。2軍時代はジャイアンツ球場で、追っかけファンが多く見られたそうです。山本がグラウンド内を移動すれば、カメラを構えた「山本ガールズ」もスタンドを移動しました。

 甘いアイスクリーム越しに店頭に立つ。2月の沖縄キャンプ中、巨人・山本に本紙の企画で「インスタ写真」を撮ってもらった。同地名物のブルーシールアイスは「塩ちんすこう味にサトウキビ味を重ねるとおいしい」と教えてもらった。試してみると確かに、素材の甘みを生かした味だった。

山本 泰寛の彼女・結婚は?

改めて見るとルックス的には巨人顔でイケメンの山本選手。1年目からグッズが売り切れるなど人気もなかなかなものです。

山本選手の彼女の情報については特に情報はありませんでした。

慶応ボーイで巨人の選手なのでモテるのは間違いないはずです。

まだ25歳と若い選手ではあるので、これからどんどん活躍をしていくうちに

いい女性と出会ってほしいですね。

山本選手の彼女の情報については情報が出たら追記しますね。

まとめ

これは吉川尚輝もうかうかしてられません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク