スポンサーリンク



スポンサーリンク

山口俊はメンタルが心配!どすこいの由来!親!父!相撲!會澤翼の関係は

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジャイアンツ

ノーノー達成投手の山口俊。昔からメンタルが弱いと言われてきたようです。

會澤翼への頭部へのデットボールもありますね。

9月12日のヤクルト戦で勝ち越していた試合で同点を許してしまう山口俊

【巨人】新守護神・山口俊、まさかのノーヒットで失点…1番・ゲレーロの新打順も機能せず 
 まるで、敗者の弁だった。延長10回1死一、三塁の好機で代打攻勢も阿部、石川が凡退。11、12回にはともに送りバントを失敗して流れを逸した。3時間54分の死闘は野手を全員使い切っての引き分け。後味の悪

スポンサーリンク

山口俊は會澤翼との関係は!頭部へのデットボール!メンタルが心配

プロフィールは?

実家ではちゃんこ鍋店を経営しており、「どすこい」と呼ばれています。

出身地 大分県中津市
生年月日 1987年7月11日
身長体重 187 cm 98 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2006年6月29日
年俸 2億3,000万円(2019年)
経歴 柳ヶ浦高等学校→横浜DeNAベイスターズ →読売ジャイアンツ

山口俊はメンタルが心配

2013年「円形脱毛症」

2013年は2軍生活が長かったようで、キャンプでこんなコメントをしています。

山口俊「去年はCSの争いの中、2軍にいて練習して悔しい気持ちでした。こんな風に円形脱毛症ができました。今年は1年間1軍で全力でプレーします」と宣言した。

山口 円形脱毛症もう御免!朝の声出しで巻き返し誓う - スポニチ Sponichi Annex 野球
 DeNAの山口俊投手(26)が朝の声出しで巻き返しを誓った。

2014年「5点差から5点差」

山口俊がDeNA在籍時、2014年4月2日の巨人戦で8回に8対3でDeNAが勝ち越していましたが、経験を積ませるために登板した平田が満塁を許してしまいます。慌てて山口俊に代わりましたがその回は10点を入れられてしまい、結果は9-15で巨人に逆転負けしました。

https://thepage.jp/detail/20140402-00000004-wordleafs

2016年「残留したい気持ちも強かった(涙)」

いつも泣いている印象ですが、横浜から出る時に涙の会見をしていました。

FA権行使の申請書類を提出した山口の目から、大粒の涙があふれた。「きょう(8日)の朝まで迷っていた。チームに愛着があるし、優勝を目指せるチームだと感じている。その中で自分が…」
約30秒の沈黙。右腕は必死に声を絞り出し「意味合いは分かっている。その点で悩んでいました」と続けた。

山口は「残留したい気持ちも強かった。でも、選手である以上、評価も大事にしたかった」と説明した。

さらばDeNA…山口が号泣FA宣言「残留したい気持ちも強かった」
 DeNA・山口俊投手(29)が8日、横浜市内の球団事務所を訪れ、今季取得した国内フリーエージェント(FA)の権利を行使する申請書類を提出した。球団側はFA宣言…
山口俊の涙で打線組んだ : Jのログ@おんJまとめブログ
1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/03(月)19:53:37 ID:kQ2 1(中)2(二)3(左)4(一)5(三)6(右)7(捕)8(投)9(遊) 引用元:

2016年「ジャイアンツとの交渉で本音出せず」

横浜を出るときには移籍する条件を細かく出していたそうですが、いざ交渉の場になると思ったことをほぼいえなかった様子でした。

交渉後の会見では「緊張しましたね。それだけですね」と振り返った。堤GMによると、山口は約40分間の交渉中は終始、体をのけぞらせるように背筋をピンと伸ばしていたといい、「緊張していたと思う。今日は人柄までは(分からなかった)」。DeNAの球団事務所でFA権行使の会見をした際、山口は涙を流す一方でチーム選びの条件を細かく列挙。だがこの日は緊張のせいか、「具体的な質問はなかった」(堤GM)という。

https://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20161114/bbl1611141130003-n1.htm

私服が派手もメンタル

山口俊といえば移動日ファッションや私服が派手なことで有名です。ただ、自身のメンタルの弱さを服でカバーしているのかもしれません。趣味だったらすみません。

山口俊と會澤翼へ死球事件での関係!

2012年と2018年に広島の會澤翼に頭部死球を投げています。以前のことを思い出してしまったのでしょうか。

2012年DeNAで

顔面に死球を受けて鼻骨を骨折。この試合でも二、三回に左腕にぶつけられて、さすがに黙っていることができなかった。一般的に死球で怒るケースというのは故意だと言われています。
投手の目線などで打者は故意かどうかがわかると言いますからね。

2012年8月2日 DeNA対広島 9回表 會澤 山口から頭部死球

警告試合になった

 

會澤がプッツン!! 一触即発の事態となって、審判員が両チームに「警告試合」を宣告した。

警告試合になったことから、審判も故意だと判断したんでしょうね。試合展開やグラウンド上の空気感でもわかりますからねー。

「戦っている以上は仕方ない。カッとなり過ぎたところはありますけど…。闘争心を出していかないといけないときもある」

読売ジャイアンツ 山口俊、広島・會澤に連続死球!!あわや乱闘寸前!警告試合に 4回戦 vs 広島【プロ野球2018】

会沢は山口俊から「(謝罪が)ありましたよ」と明かした。

山口俊のどすこいの由来は?相撲!親!父ガラスの心

山口俊ガラス割りパフォーマンスをするつば九郎‼ドアラに「よせよ!」とつっこまれる(笑)

どすこいの由来?

DeNA時代からの愛称であり、由来は山口の父親が1970年代に活躍した元力士であることからだそうです。

DeNaでは球団公認

前所属の横浜が、2012年に山口の通算100セーブ達成を記念して発売したTシャツには白い綱と化粧廻しをつけた横綱山口のイラスト、背中には「壱百セーブ ごっつぁんです」という文字がデザインされており、事実上の球団公認の愛称だった。

まとめ

逆にメンタルが強いと言われているのは畠世周と上原浩治。山口俊頑張れ!

コメント

スポンサーリンク