スポンサーリンク



スポンサーリンク

山下航汰の現在・今!評価!なぜ育成出身のドラフト!怪我が多い!フォーム!近況

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジャイアンツ

山下航汰の現在!評価!なぜ育成出身!怪我が多い!ドラフト!打撃フォーム!健大高崎高校時代!近況

近況 去年のドラフト会議にて巨人から育成ドラフト1位を受けて入団します。

高校野球ファンの方なら「おお、あの山下か!」とおもいだすでしょう。

健大高崎高でクリーンアップやリードオフマンをつとめた左打ちのスラッガーです。

ただ、あの日ハムの清宮のライバルとまで言われた男はなぜ育成だったのでしょうか。 育成でもあったため、大学への進学は考えなかったのでしょうか。 

スポンサーリンク

山下航汰(こうた)の現在!評価!なぜ育成出身!怪我が多い!ドラフト!打撃フォーム!健大高崎高校時代!近況

山下 航汰のプロフィールは?

出身地 大阪府柏原市

生年月日 2000年11月15日(18歳)

身長 176 cm

体重 80 kg

選手情報

投球・打席 右投左打

ポジション 外野手、

内野手 プロ入り 2018年

育成選手ドラフト1位

年俸 240万円

山下は、大阪・柏原(羽曳野ボーイズ)出身。中学時代には、あのジャイアンツカップで優勝。 実家には、中学時代に放った約20球のホームランボールがガラスケースに入れて飾られているという小学校3年の時に野球を始め、中学時代は大阪の強豪チームの羽曳野ボーイズに所属していました。

(オリックスバファローズの太田椋選手と同期)そして羽曳野ボーイズでは通算22本塁打を放ち、中学3年時の2015年にはジャイアンツカップで全国制覇を果たしています。

 

大学を目指してプロに入ろうかまよったようですが親の言葉もあり、結局は巨人への進学となったようですね。

悔しかったですね。正直。自分は今まで後手後手というか、守りに入る選択が多かった。プロか進学かかなり迷ったのですが、一番は親からの後おし。「今行かなくていつ行くんだ」「大学で怪我をしたらプロにも慣れないんだぞ」

  その結果、「育成でもプロに行こうと思っていた。下克上してやろうと思う」と話しています。 青柳博文監督は「(山下選手は)努力を惜しまない。プロという夢がかなってよかった。素直な気持ちで、ファンに応援してもらえる選手になってほしい」と期待を込められたそうです。

高崎高校時代!長距離砲の評価!打撃フォーム

健太高崎高校出身です。

その健太高崎高校では、2018年に“機動破壊”と呼ばれる積極走塁と先発野手の総本塁打数が200発を超える強打で今春の関東大会を制しています。

山下は、17年センバツで2年生史上初となる1大会2発の満塁弾を放ちます。高校通算75本塁打で、昨年の育成ドラフト1位で巨人入団した期待の左打者です。

なぜ育成出身?ドラフト評価!

根尾、藤原、小園などドラフトで騒がれたドラフト1位メンバーから、そんなに離れていないバッティング技術とスイングスピードを持った打者でした。

それでも育成出身です。

それはなぜだったのでしょうか。

打撃の評価が高かった

「打撃以外、肩や足の評価が今一つ」だった 強打者としてはやや小柄であるのも懸念事項だったようですね。一塁手・左翼手なので、助っ人に頼るポジションであり評価はあまり高くならなそう。 総合力を上げ他のポジションが守れるようになれば、大学・社会人経由でのプロ入りもあるかもしれない問い言われていました

甲子園

惜しくも夏の甲子園出場はならず、彼らの最強打線が多くの高校野球ファンの目に止まることはありませんでした。甲子園で活躍した高卒選手よりはちょっと知名度が低いです。

現在・今!怪我が多い!

今シーズンはあまり調子良さそうじゃなかったので、厳しいかなと思ってましたがやはり今年の支配下復帰は叶いませんでしたね。

チーム状況もありますしね。 天才打者、山下航汰選手来季こそ支配下復帰返り咲きに期待です。

怪我で開幕が絶望

5月の21日山下航汰外野手が右手有鈎(ゆうこう)骨を骨折したと発表しました。

今後はリハビリ組に合流する。過去の前例から全治は1~2か月とみられ、球団では08年の坂本以来となる10代の開幕スタメンを目指してきたが、絶望的となった。

打撃練習中に右手の痛みを訴え、病院で診察を受けた結果、右手有鈎骨を骨折していたことが判明したそうです。

原因は1月に練習をしまくってしまった

「(1月は)打撃を納得するまでやり続けていたら負担がかかってしまった。今年こそは1軍のキャンプに行く、と思っていたのが一気に壊れ、気持ちがめいってました」

スポンサーリンク

怪我からの復帰はいつになる?リハビリ中

全治まで約1~2か月とみられ、最短で6月19日を目指している開幕は絶望的。全治は不明だが、同じ右投げ左打ちの日本ハム・清宮は復帰までに約3カ月を要しています。

現在はリハビリをしています。

山下 航汰は2019年秋も怪我をしていた

昨秋の台湾ウィンターリーグで負傷した右太もも裏の痛みが再発し、キャンプはリハビリ組として懸命に回復に努めていました。

実戦復帰後の2軍練習試合(3月25日・対DeNA)で“今季1号”を放ち、原監督が視察した同28日の2軍VS3軍の紅白戦では3安打2打点と猛アピール。

自慢のバットで結果を残してきたところで残念です。

まとめ

大学にいかなくてよかったですね。まさか育成でこんな選手がでてくるとは誰も予想しなかったですから。本当に将来が楽しみです。

コメント

スポンサーリンク