スポンサーリンク



スポンサーリンク

戸根千明の現在!嫁!家族はハーフ!祖母!母!父!子ども!結婚!性格!筋肉の美!球種・球速は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジャイアンツ

戸根千明の現在!嫁!家族!祖母!母!父!ハーフ!結婚!性格!筋肉の美!球種・球速は?

戸根千明投手の話題です。

父が日本人、フィリピン系日本人(母親がフィリピン人)です。2015年にドラフト2位で日大から巨人入りした左腕で、救援として2年連続40試合登板を果たしたのですが、最近みないですね。どうしたのでしょうか。

スポンサーリンク

巨人・戸根千明の現在!嫁!家族!祖母!母!父!ハーフ!結婚!性格!筋肉の美!球種・球速は?

 

出身地 京都府綴喜郡田辺町(現在の京田辺市)
生年月日 1992年10月17日
身長 174 cm
体重 97 kg
選手情報

投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト2位
初出場 2015年3月28日
年俸 2,000万円(2018年)

小学校5年の時に軟式野球を始め、田辺中学時代は南京都NSボーイズに所属していました、

1年夏からベンチ入りし2年生の時からエースになりました、甲子園出場経験ありませんが高校通算39本塁打も打っているのです。

高校卒業後は日本大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場した。大学4年間の通算成績は12勝14敗、防御率1.71。

2014年に行われたプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから2位指名を受けました。原監督は「リリーフの役割の中で、十分に競える」と期待を寄せた。

 

結婚してる!奥さん嫁は?子ども

奥さんとの交際期間は3ヶ月だそうです。

お互いに忙しい合間をぬって会っていたと思われますが、短い交際期間。

お互いに相性の良さを感じるところがあったのでしょう。

すでに都内で2人暮らしをしています

奥さんの顔や現在の職業、性格

出会いは戸根選手がチームメートと訪れた宮崎県内の飲食店で食事をともにしたことがきっかけだそうで、共通の趣味などから意気投合し、交際に発展したそうです

戸根千明投手の奥さんは24歳の一般女性であることが報じられてきましたが、実は2015年まで大分県で「Niimo」というローカルアイドルグループに在籍されていた佐々木舞夕さんでした。

現在の職業は「テレビ ラジオ イベント司会etc(Instagramプロフィールより引用)」とのことで、一般人といえども露出が多く、多くの人が知る顔のようです

子ども

子どもはまだいないみたいです。

家族!祖母!母!父!ハーフ

戸根選手は濃い顔立ちしていますがどこのハーフなのでしょうか。

調べによると父親が日本人、母親がフィリピンでフィリピン系日本人だと分かりました!

濃い顔はそこから来ているようです。

「母の日」。「ジャイアンツ母の日グッズのブリザードフラワーと、松阪牛と神戸牛のセットを贈りました。小さな時から苦労をかけたので、感謝の気持ちを込めて贈りました。喜んでくれると思います」と母への思いを明かした

祖母

一番の好物は「おばあちゃんが作ったカレー」(戸根)だそうです。

子どもの頃、野球に行く時のお弁当を始め、身の回りの世話をしてくれたのは祖母のきよさん(89)でした。

「プロに行けたら、まずはおばあちゃんに何か買ってあげたい。めっちゃ感謝してるんで」。

気は優しくて力持ち。高校時代もプロ志望届を出しており、5年越しの夢の実現は“祖母孝行”でもある。

父は尊敬する人物だそうです。

スポンサーリンク

戸根千明の現在!筋肉の美!

戸根千明投手が、投打の二刀流に挑戦することになりました

球団側と話し合い、高い身体能力を生かす道を模索。この日、DeNA戦前に横浜スタジアムを訪れ、原監督と話し合って壮大なチャレンジに対し、背中を押してもらったという。

戸根選手が太っているようにみえますが、実は筋肉が凄いんです。胸板と腕の筋肉がパンパンです。

体重増を意識し始めたのは大学2年時。メジャーに渡ったダルビッシュ有(レンジャーズ)が体重増加に取り組んだことを知り、ウェイトトレーニングとそれに伴う食事量の増加を決めたそうです。

食トレ

1日8食に増やし、約10種類のプロテインを買い集め、回転寿司は64皿、焼き肉20人前を平らげるそうです。凄いですねー。

体重は約20キロ増の93キロになったそうです。

足も速い

体脂肪率は18パーセント。日大4年時には50メートル走6秒0を記録したという筋骨隆々ボディーです。

 

球種・球速は?

最速146キロの直球は非常に力強く、切れのあるスライダー、チェンジアップなどを織り交ぜる。力で押すように見えて、うまく速球、変化球を使い分ける投手です。

 

まとめ

これまでオフの自主トレはマシソンと米国で行ってきたが、今回は母がフィリピン人という縁で単独のフィリピン自主トレをしたそうです。課題である制球力を向上させた上で、「キャリアハイの1年目を超えたい。50試合登板と1年目の防御率2・88を上回ることが目標」

と語っています。

早くけがを治して一軍でっも活躍を見たいですね。

コメント

スポンサーリンク