山口俊(巨人)がポスティングでメジャー移籍で通用する?無理?大リーグ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口俊がポスティングでメジャー移籍が決定しました。過去の情報や巨人での事例を調べてみました。上原浩治はポスティングでのメジャーを巨人がみとめなかったのですが何があったのでしょうか。

山口俊(巨人)がポスティングでメジャー移籍で通用する?無理?大リーグ!

山口俊のプロフィールは?

出身地 大分県中津市

生年月日 1987年7月11日(31歳)

身長 187 cm

体重 97 kg

選手情報

投球・打席 右投右打

ポジション 投手

プロ入り 2005年 高校生ドラフト1巡目

初出場 2006年6月29日

山口俊の成績

DeNAからFA移籍して3年目の今季は、26登板で15勝4敗、防御率2・91。勝率7割8分9厘、188奪三振で最多勝、最高勝率、最多奪三振のタイトルを獲得












2006 横浜
DeNA
5 1 2 0 0 .333 17 0 0 6.43
2007 6 0 3 0 0 .000 14 1 0 6.30
2008 16 1 1 0 2 .500 28 2 0 0.76
2009 51 5 4 18 7 .556 68 5 0 3.27
2010 54 2 8 30 2 .200 78 3 0 2.62
2011 59 2 6 34 1 .250 48 3 0 2.49
2012 60 1 2 22 3 .333 62 2 0 1.74
2013 44 5 2 7 6 .714 48 5 0 5.40
2014 33 8 5 0 3 .615 96 5 0 2.90
2015 20 3 6 0 0 .333 119 6 1 4.49
2016 19 11 5 0 0 .688 121 5 0 2.86
2017 巨人 4 1 1 0 0 .500 22 1 1 6.43
2018 30 9 9 1 1 .500 144 4 0 3.68
2019 26 15 4 0 0 .789 188 4 0 2.91
NPB:14年 427 64 58 112 25 .525 1053 46 2 3.35

山口は巨人ファンのためFA移籍

2016年のレギュラーシーズン中に国内FA権を取得しました。

ポストシーズン終了後の11月8日には、「選手としてせっかく取れた権利なので、『プロ野球選手としての評価を聞きたい』という気持ちが強くなった」という理由で、権利を行使する意向を涙ながらに表明しました。

山口俊は巨人ファンだった

「幼いころから観ていたのは巨人だった」

「プロ野球といえば巨人というイメージが強い」

ただ、昔からメジャー思考があったようですね。

山口俊がポスティングでメジャーへと流れた情報元

なんかメジャーの記者かなんかの人が毎年山口俊ポスティングの噂がある。今年も。みたいなこと言ったらしいですね。

毎年噂があるとは知りませんでしたが、正直驚きましたね。

山口俊来シーズンがメジャーなら来シーズン巨人先発のローテーションは確実にやばいんでね。

今年15勝した読売ジャイアンツの山口俊をポスティング投稿しています 球団はポスティングを批判しており、プレイヤーは許可を求めているため事実であれば、質問を投げかけています

2012年や2017にはポスティングでのメジャーの意向があった

2012年にポスティングシステムによるメジャーリーグ球団への移籍を目指す意向を横浜ベイスターズに伝えていましたがが、実現には至らなかったようです。山口はメジャーリーグ挑戦について聞かれると、『チャンスがあれば』と話をしていたそうです。

ベイスターズのメンバーからのやじに耐えられなかった説

横浜ペイスターズの暗黒期に浮いてたとの噂がありますからね。逃げたかったのかもしれませんね。メンタル的に。

2017年にもメジャーでのポスティングの噂がありました

今とはなっては、巨人ファンはほぼ忘れていますが、自主退団をしてメジャーに行くとの噂がありました。

下記が記事です。メジャーが興味あったのですね。

「メジャースカウトが一目置いているのは、山口のフォークボールです。右肩痛もありましたので、現在の評価は高くないと思いますが…。本人にその気があると分かれば、再調査に乗り出す米球団も出てきそう」

巨人では上原がポスティングでメジャーを目指していたけどかなわなかった

入団当初からメジャーへの強い希望を持ち続けており、2004年オフにポスティングシステムによる翌2006年のメジャー移籍を直訴しました。

当時の年俸3億3500万円を8500万円分減額して、FA権を取得するまでかかる4年間分の違約金を払うとまで申し出たが、球団首脳陣は頑としてポスティングシステム行使を容認せず、「わがまま」であると評したために、フロントとの感情的な対立に発展になりました。

結局、メジャー移籍を果たしたのは2009年の海外FA権取得後(5年後)で、上原は現在も『ポスティングの12球団統一ルール』の施行を主張しています。

初の巨人からのポスティング!メジャー通用?

球団側も山口の意向を認識しており、慎重に協議を続けているようです。

巨人としては当然、欠かせない戦力として慰留に全力を尽くすことは大前提だが、今季の貢献度などを加味し、移籍を容認する可能性があるそうです。

抜群の好成績でチームに貢献した選手は、個人の夢を後押しすべきという声があり、球団は過去にポスティングでのメジャー移籍の例がないこともあり、対応を慎重に検討していくもようです。

98年12月にポスティングシステムが発効して以来、巨人が同システムによる大リーグ移籍を認めた前例はなく、実現すれば初の事例になる。

 現行のポスティングシステムは、選手が米大リーグ全球団と交渉可能。契約が成立すれば、契約金と年俸の総額に応じて日本球団への譲渡金の額が決まる。

メジャーで通用するか

山口俊投手の能力はMLBで通用しそうです。

横浜で抑えを経験し100Sを上げたリリーフとしての能力もあります。

今全盛期にある状態と言えます。

2019年 成績
15勝4敗 防御率 2.91 
最多勝、最高勝率、最多奪三振

横浜時代からメジャーのスカウトには注目されていました。WBSCの活躍も手土産に考えていたと思いますが、そこは不調の波にあたってしまったかも知れません。

メジャーのボールやマウンドに適応できるかが課題ですが、フォークの球種もありローテを守るスタミナも見せてくれたのでMLBでの活躍も期待できそうです。

まとめ

ただでさえ巨人の先発陣がすくないのにメジャー行きはできればやめてください。山口さん。

山口俊選手は、DeNAから巨人にフリーエージェントで移籍しました。 それを裏切り行為とされてDeNAファンからブーイングがありました。 過去に同様にDeNAから巨人にフリーエージェント移籍した村田も同じような仕打ちを受けています。 なぜ巨人へ移籍したのでしょうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク