【巨人】重信慎之介の甲子園と早稲田時代は:青木宣親との関係も!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重信が昨年から覚醒したのか?バッティングがヤクルト青木に似ていて、今年はいつもと違う雰囲気をみせています。

守備の良さはもちろんのこと、機動力をみせた野球を今後もして巨人に活躍を期待したいと思いますね。

重信慎之介(しげのぶしんのすけ)のプロフィールは?

出身 千葉県佐倉市
生年月日 1993年4月17日
投球・打席 右投左打
身長 173 cm
体重 70 kg
高校 早稲田実業学校
大学 早稲田大学
守備位置 外野手
入団 ドラフト2位

重信慎之介(しげのぶしんのすけ)の紹介はこちらでも

こんにちは、ヨシラバーです。今回は2016年に入団した重信慎之介さんに関してです。重信慎之介のプロフィールおおお、エリート!1993年生まれで芸能人はジャスティンビーバー、山本彩、神木隆之介、武井咲など豪華すぎると話題になったほどの当たり年

重信慎之介の高校時代は?

千葉県佐倉市出身、1993年生まれで現在25歳の重信選手は、中学時代は地元佐倉リトルシニアに所属し(同シニアでは初のプロ野球選手)、中学1年次から全国制覇を果たした超野球エリートです。

その後高校では名門早稲田実業高校に入学し、1年時からサードのレギュラーとしてスタメン入りを果たし、2年生の夏には甲子園に出場している。

ちなみにこの時3回戦で敗退したが、重信選手は3試合で打率750.12打数9安打10打点という驚異的な成績を残している。

重信慎之介の大学時代は?

早稲田大学に進学後、1年春からリーグ戦に出場。2年次には内野から外野へコンバートされると、3年次にはリーグベストナインに選出。そして4年次に六大学リーグ戦で優勝、全国大会まで制覇している。

その後2015年ドラフト会議にて、読売ジャイアンツから2位指名を受け入団。現在に至っています。

重信は怪我との戦いだった

2018年は打撃でアピールできず開幕一軍を逃してしまった。

さらに、下半身のコンディション不良を発症し、約2カ月間、ランニングメニューをこなせない時期を過ごした。

コンデション不良期間で体重を7キロ増量

この期間を肉体強化に充て、体重は7キロ増。1日7食。おにぎりを自分で握り、ひたすら胃袋へ詰め込んだ。スピードを保ちつつ、体重75キロ。

イースタンリーグで57打数16安打の打率.327と課題のバッティングでも技術アップがみられました。

重信が青木宣親に似ている?

東京六大学リーグ通算83試合で打率.333、240打数80安打39盗塁を記録している重信ですので、バッティングも打撃やバッティングも期待しての入団です。

一時は打率も・435まで上昇しています。

重信は今の状態を下記のようにコメント。

 「去年までより落ち着いて打席に入れているので、見極めができています」。

重信は早稲田先輩青木宣親みたい?

重信は青木宣親外野手と合同自主トレを行うこと関係性です。バッティングまで似てきています。重信にとって、青木は憧れの存在だです。同じ左打ちの外野手で、打撃フォームを参考にしてるようです。

青木みたいな選手になれば頼もしいですね。

江本氏は?

「左ピッチャーでも打てる。コンパクトに振れば、同じボールがくる。右、左で代えないで使うべき。いい起爆剤になりますよ」

まとめ

早大時代から「オコエ以上」と評価された足は最大の武器ですが、注目されているのはむしろ打撃です。安打製造機として活躍する青木のような選手になってくれるか、本当に楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク