【巨人】桜井俊貴はなぜ覚醒:ドラフトは高校時代から巨人は狙っていた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年ドラフト1位の桜井俊貴についての記事です。

昨年まではなぜドラフト一位で指名したんだ。大学野球よりもレベルが低いぞと散々にのいわれようでしたが、今年は別人です。

なんてったてドラフト1位ですからね。

なぜ巨人はドラフト一位で指名したのでしょうか。

桜井 俊貴のプロフィール

出身地 兵庫県神戸市垂水区
生年月日 1993年10月21日
年齢 24歳
身長 181 cm
体重 82 kg
高校 兵庫県立北須磨高等学校
大学 立命館大学

桜井の背番号は「21」でした。

Ⅴ9時代を支えた高橋一三氏や今季限りで現役を引退した高橋尚成氏に代表されるように左投手の印象が強いが、かつてはエースとして活躍した藤田元司氏や堀内恒夫氏が新人時代につけており、2003年に新人王を獲得した木佐貫洋も背負っていた番号です。

巨人は桜井 俊貴ドラフトで指名した理由は何?

高校時代から桜井を巨人はドラフト候補であった。

桜井を高校時代から巨人のスカウトはリストアップしていた選手でようです。

高校時代は130キロ台にしか満たなかったストレートも大学ではメキメキと力をつけていき、150キロの直球を投げれるほどに。

体力もつけて1試合を完投できるほどのタフな投手へと成長していった姿を見て、巨人球団も桜井選手の成長を感じ取っていました。

巨人以外の球団も桜井選手には目を付けていましたが、獲得には消極的で「2位までには消える選手」といった意見も多かったです。

華のある巨人がドラフトで1位指名した際には、「華が無い」とか「地味」といった酷評も見受けられましたが、巨人は桜井選手を高い評価をしていました。

ドラフトを決めたのはスカウト会議前

それだけ期待の大きさがわかるが、巨人が最終的に桜井を1位指名に決めたのは、ドラフト直前のスカウト会議でした。

そして、大阪商業大の岡田明丈(広島)、仙台大の熊原健人(DeNA)、そして桜井らが1位候補として浮上した。

1位指名を誰にするのか――最終的な絞り込みをするため、山下スカウト部長は自ら視察を行ない、10月14日の立命館大と関西大の試合を観戦。

立命館大が勝てば優勝に王手がかかる大一番で、桜井は素晴らしい内容のピッチングを披露した。

延長14回をひとりで投げ抜き、206球、1失点完投勝利という見事な内容で、視察に訪れていた山下スカウト部長の心を奪ったようですね。

桜井俊貴へのスカウトの評価は?覚醒は当たり前の実力だった

(巨人・山下スカウト部長)

「疲れがある中でも、崩れることがない。全ての球でストライクを取れるから試合を作れる。真っすぐも数字以上に伸びていた。即先発ローテ入り?。十分あるでしょう」

(巨人・堤GM)

「うちのスカウトは彼を高校時代からみている。大学に入っても、1年秋からレベルの高い関西学生野球リーグでコンスタントにいい成績を残した。球持ちもよくて、即戦力として十分期待できるという評価。迷わずに桜井君でいこうと決めた。うちのスタッフの中で先発ローテーションの一角を狙える力が十分にあると思う。チームは大きく変わらなければいけない、新しい風を吹かせる過渡期にある。チームの中心メンバーになってほしい」

(巨人・山下スカウト部長)

「直球のキレ、低めへの制球力。上位候補に入ってくるし、即戦力。2位以内で間違いなく消える」

(巨人・堤GM)

「元西武の西口みたい。ピンチで三振を取る力がある。ピンチの投げっぷりはさすが。アマチュアのレベルでは頭一つ抜けている。将来は先発の柱になってほしい」

まとめ

ドラフト一位としての活躍を今後も見せてほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク