巨人・坂本勇人がサードへコンバートが囁かれるのはどうして?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本勇人といえば、ポジションはショートでしたがサードへのコンバートの話がでてきています。昔は怪我をしない選手で有名だったのですが、やはり東京ドームの影響もあり、膝にも影響がでてきて、怪我がふえていってしまっている感じがしますね。

高卒から10年以上ショートを守り続けているので、普通の選手よりも体の負担は大きいはずです。

そろそろ他ポジションへのコンバートも考えたほうがいいんじゃないでしょうか?

ただ、バッティングは一番ノリノリな時期であり、守備で悩みを抱えるならサードなどに転向して、負担を下げるのもよいのではないでしょうか。

坂本勇人がサードへコンバートが囁かれるのはどうして?

坂本勇人のプロフィールは

出身地 兵庫県伊丹市
生年月日 1988年12月14日
身長 186 cm
体重 83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手、一塁手、二塁手[1]
プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2007年7月12日

坂本勇人のサードへコンバートへのファンの意見は

ヨシラバーがアンケートを取ったところ56%が賛成、26%が反対、18%がわからないでした。

ファンの声は?

  • あと1~2年はショートの姿を見たいです。選手寿命を長くするためにも。 侍でなら、今からサードの経験をして、今後の参考になればいいと思います
  • 尚輝次第、まだまだ任せられる選手がいません
  • 賛成だが、守備だけでなく、打撃でも坂本の後継者となれるものを育てないとスタメン的に厳しくなるのでは…
  • 将来の巨人のためにもやって損はないと思います

皆さんは、坂本の将来を考えると賛成ではあるが、後継者がいないと嘆いていますね。吉川尚輝に期待する声は大きいのですけれどもね。昨年はドラフト2位では坂本2世と呼ばれている増田陸(ポジションはショート)を獲得しましたし、近いうちに考えていることは確かだと思います。

坂本自身はサードへのコンバートはどう思っているのでしょうか。

坂本勇人はサードが嫌いではなく、練習もしていた

坂本が試合でサードを守った経験はありません。セカンドが1回とファーストが3回となっています。

2014年の話になりますが、当時の原監督は「臨機応変にというか、危機管理のため」と説明し、坂本も「守りたいところを守れと言われたので」と いわれ、本職の遊撃ではなく三塁に入り、軽快に打球をさばいていました。

サードは嫌いではないみたいです。

2019年の侍ジャパンでもサードの可能性があるといわれ、練習をしていますが見事なボールさばきです。

ショートの寿命は10年で寿命といわれる!

遊撃手は一般的には10年で寿命が来るポジションなんだけど(宮本慎也といい松井稼頭央といい鳥谷敬といい…)坂本勇人ももうそろそろその域に到達していますね。

ショートを長年守り、歳が行ってサードへ、セカンドへ、ファーストへ、外野へとコンバートすることは多いです。

坂本は慢性的な腰痛を抱えてるので首脳陣も考え始めた方が良いのかもしれません

 だからサードの可能性は十分にありますね。ショートのレギュラー選手がサードにコンバートするのはよくあることです。

元ヤクルトの池山隆寛の同じパターンでしたね。加齢と故障で負担の少ないサードに異動です。

坂本勇人はサードで活躍はいつ?

サードは、ショートほどのセンスは必要ではありませんが、球を投げる距離は長くなります。スローイングに難が有る選手にはきびしいです。

でも、サードじたいは併殺は少ないですし、打球処理範囲も狭いですよね。二遊間は守備範囲が大きいでうえ、併殺もかなりありますから、坂本なら可能ですね

チームとして動いているのであれば、どこでも全力でトライしたいと侍ジャパンでもコメントをしています。これは巨人でも当てはまるのではないでしょうか。

巨人でも2年後にはサードにコンバートするものと考えています。

まとめ

坂本勇人が復帰しましたが、張本の3000本を超えるためにも守備の負担が軽くなるサードへの転向もそろそろ考えてよろしいのではないでしょうか。

坂本が現在31歳ですから、すぐにコンバートするとなると鳥谷や宮本と比べて随分早いタイミングとなりますね。

鳥谷が急に衰えてしまったことを考えると、この段階でのコンバートは良いことなのかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク