【巨人】坂本勇人の生い立ちや母親との関係!幼少期や名前の由来など!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本勇人の少年時代はどのようなタイプだったのでしょうか。母親や家族についての記事です。

母親との関係には涙があふれてきます。今年は優勝しましょう。

坂本勇人のプロフィール

背番号: 6

ポジション内野手

身長 / 体重:186cm / 83kg

生年月日:1988年12月14日

投打:右投右打

坂本勇人選手の実家は、兵庫県伊丹市にあります。

坂本勇人のお父さんは?名前の由来など

勇人の名前の由来について下記のようにコメントしています。

なんだかオトンが『所得倍増計画』を掲げた池田勇人首相の『はやと』って名前を、気に入っていた

喜代三さんは、小学4年生くらいの坂本少年が、三遊間のゴロを、すごく軽やかにさばいたシーンを覚えています。

坂本勇人のお母さんは?

少年野球チーム「昆陽里タイガース」では会計係を務め、黒のベンツに坂本選手を乗せ、送り迎えをしていたそうです。

子供なら12~13人乗れる「エルグランド」に買い替え、チームの移動に協力してくれました。

坂本選手の野球人生を後押ししてくれたお母さんでしたが、2007年にプロ入りした時には、既にガンに侵されていました。

巨人入団1年目に母を亡くしています。

2007年5月12日、兵庫県姫路市で行われた、イースタン・リーグの対北海道日本ハムファイターズ戦に、坂本選手は闘病中の母を招待します。

そして迎えた第1打席の初球、坂本選手はいきなりホームランを放ちました。

ただ、輝美さんは、この試合の約1か月後に亡くなりました。

近年は母の日に限り、登場曲をG2の「LETTER ~おかんに贈る音の手紙~」に変更しているほどです。

坂本勇人の光星学院高校時代は?阪神が好きで清原のファンだった

坂本勇人は青森の光星学院出身です。現在は八戸学院光星に名前が変わっています。
八戸学院光星は関西からの野球留学の選手が多く大阪第2代表なんて揶揄されることもあります。

高校時代は、不動の4番ショートとして活躍していましたが、甲子園出場は選抜1回だけであり、全国に「坂本勇人」の名前は広まらなかったかもしれないですね・・

堂上直倫(愛工大名電)・野原将志(長崎日大)が注目を浴びていた年ではあるが、坂本の評価はどうだったのでしょうか

こんにちは、ヨシラバーです。坂本はジャイアンツを代表するバッターであり、歴代NO1になるほどのショートになりそうな勢いであります。それほどの選手でありながら、外れ1位であります。高校時代の評価はどうだったのでしょうか。甲子園での活躍はどうだ

阪神ファンでオリックスファンだったようですね。

高校時代はソールフードを愛していた

まとめ

とても大切に育てられたからあの笑顔なのでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク