スポンサーリンク

坂本勇人の高校時代は無名!甲子園では目立たなかった!なぜ青森なの!

坂本は勇人は高校時代の評価はどうだったのでしょうか。甲子園での活躍はどうだったのでしょうか?高校時代は、不動の4番ショートとして活躍していましたが、甲子園出場は選抜1回だけです。高校通産39本塁打バッターでした。

YouTubeやってます。登録嬉しいです。

坂本勇人の高校時代や甲子園では目立たなかった!なぜ青森・光星学院

出身は青森光星学院高校です。文武両道を掲げており、スポーツでも有名な高校ですね。

出身地 兵庫県伊丹市
生年月日 1988年12月14日
身長 186 cm
体重 83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手、一塁手、二塁手[1] プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2007年7月12日

なぜ青森の光星学院!

進学する高校選びの時に寮生活をしたいという思いがすごく強くて地元の学校だと中学の時の友達と遊んでしまうだろうなと思ったそうです
甲子園に出たいという思いが人一倍強野球に集中するためにもこのほうがいいと思い、光星学院決めたらしいです。

また、兵庫のチームは野球のレベルが高くて甲子園いけない。
なので、レベルの高い選手は甲子園に行くために、ほかの都道府県にいくんです。

坂本勇人は青森の光星学院出身です。現在は八戸学院光星に名前が変わっています。
八戸学院光星は関西からの野球留学の選手が多く大阪第2代表なんてことも

坂本勇人の高校時代や甲子園での活躍は?

坂本勇人は兵庫県伊丹市の出身ですが、高校へは青森の光星学院高等学校へ進学しています。全国各地から中学時代で優秀だった選手が集まる高校として有名です。

1年生の秋からショートのレギュラーを掴んでいます。

青森県では、青森山田高校の存在があったため、全国の大舞台で注目されることのなかった坂本ですが、実は高校時代から活躍をしています。

甲子園は選抜に一回だけ出場

高校時代は、不動の4番ショートとして活躍していましたが、甲子園出場は選抜1回だけであり、全国に「坂本勇人」の名前は広まらなかったかもしれないですね・・

06年の春の選抜で初めて甲子園に出場しました。猛打賞の活躍でした。

さらに2盗塁も決めています。

試合は4-6で敗れはしたが、プロ注目の投手からチームが放った6安打のうち半数が坂本。その存在感を示してはいました。

甲子園に出ていればホームラン数が多かったかも

1年生の秋からショートのレギュラーとして出場して高校通算39本塁打を放っています。坂本にとっての甲子園はこの1回だけに終わっていたのです。もっとホームランをうてたかもしれませんね。

まとめ

原辰徳が使い続けたことがよかったのでしょうか。

まさに巨人が生み出した生え抜きですね。坂本は6月の東北大会で8割強と打ちまくっており、また高校通産39本塁打のうち20本を2年の3月から放っているのですが、ドラフト1位候補ではなかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク