巨人・坂本勇人の高校時代は?なぜ青森光星学院?プロから無名の低評価

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本は勇人は高校時代の評価はどうだったのでしょうか。甲子園での活躍はどうだったのでしょうか?高校時代は、不動の4番ショートとして活躍していましたが、甲子園出場は選抜1回だけです。高校通産39本塁打バッターでした。

坂本勇人の高校時代は?なぜ青森?プロから無名の低評価

坂本勇人のプロフィールは

出身地 兵庫県伊丹市
生年月日 1988年12月14日
身長 186 cm
体重 83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手、一塁手、二塁手[1]
プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2007年7月12日

坂本勇人の高校は?なぜ青森の光星学院へ

進学する高校選びの時に寮生活をしたいという思いがすごく強くて
地元の学校だと中学の時の友達と遊んでしまうだろうなと思ったそうです。
甲子園に出たいという思いが人一倍強野球に集中するためにもこのほうがいいと思い
光星学院決めたらしいです。

また、兵庫のチームは野球のレベルが高くて甲子園いけないんです。
なので、レベルの高い選手は甲子園に行くために、ほかの都道府県にいくんです。

坂本勇人は青森の光星学院出身です。現在は八戸学院光星に名前が変わっています。
八戸学院光星は関西からの野球留学の選手が多く大阪第2代表なんて揶揄されることもあります。

高校時代は、不動の4番ショートとして活躍していましたが、甲子園出場は選抜1回だけであり、全国に「坂本勇人」の名前は広まらなかったかもしれないですね・・

1年生の秋からショートのレギュラーとして出場して高校通算39本塁打を放っています。

坂本勇人の甲子園での活躍は?

06年の春の選抜で初めて甲子園に出場しました。

初戦でダース・ローマシュ匡(元・日本ハム)擁する優勝候補の関西(岡山)と対戦。このプロ注目の好投手から1回裏にいきなりレフト前へ先制タイムリーヒットを放ちます。

初球の甘いカーブを見逃さない思い切りのいいスイングで勝負強さを見せつけた。5回裏の第3打席ではライト前ヒット、9回裏の第5打席ではショートへの内野安打と猛打賞の活躍。さらに2盗塁も決めている。試合は4-6で敗れはしたが、プロ注目の投手からチームが放った6安打のうち半数が坂本。その存在感を示してはいました。

ただ、坂本にとっての甲子園はこの1回だけに終わっていたのです。

堂上直倫(愛工大名電)・野原将志(長崎日大)が注目を浴びていた年ではあるが、坂本の評価はどうだったのでしょうか。

坂本勇人の高校時代のプロの評価は?

走塁面

秋の新チーム結成から選抜の39試合で16盗塁。夏の青森大会決勝戦までに5盗塁など、積極的に盗塁を試みる選手である。
選抜で計測出来なかった一塁までのタイムは、4.48秒。これを左打者に換算すると4.18秒に相当。プロの基準である4.2秒とほぼ同タイムだと見て好いだろう。
ただ走塁意欲はある選手だけに、上のレベルでも足を売りにすることはなくても、隙あらば盗塁を決める場面も期待出来るかもしれない。まあプロレベルだと並~中の上ぐらいの走力だと捉えておきたい。

参照元:http://giantskyojin2chmatome.blog.jp/archives/5519987.html

守備面

球界を代表するショートも高校時代は、ショートでは活躍ができず、3塁か外野になるだろうと言われていたんですね。

地肩自体は基準を満たすものがある。ただフットワーク・足の運びなどを見ると、将来的にプロの遊撃手を担えるとは考えづらい。
大型三塁手・もしくは外野と言うポジションに収まるのではないのだろうか。 
タイプ的には、ぜひ三塁あたりを担える選手に育って欲しいのだが・・・。
こうやって見てみると、三拍子揃った大型内野手と言う形容は、かなりプロレベルを意識すると厳しいと言わざる得ない。
では打者として最も重視される打撃について考えて行きたい。

参照元:http://giantskyojin2chmatome.blog.jp/archives/5519987.html

プロの評価:打撃面

中距離打者という評価は間違いっていませんが、今みるとそれほどバッティングには期待されているような感じではないですよね。ツボにはまったんでしょうね。

対応:選抜では早いカウントで打ちに来る傾向が強かったが、夏はよくボールを見ていた。

狙い球:速球でも変化球などに関係なく、アウトコースの球を打ちに行くことが多い。

打球:右にも左にも打ち返す広角打法が魅力だ。

仕掛け:「早めの仕掛け」

春同様に「早めの仕掛け」を採用。アベレージ打者が多く採用するスタイルで、本質的にはスラッガーではないことを窺わせる。 
ツボにはまれば飛ぶが、現状は広角に打ち返す中距離打者だと見て好いだろう。

参照元:http://giantskyojin2chmatome.blog.jp/archives/5519987.html

プロの評価:足の運び

内角のコースを得意とするというのは当たっていますが、記事はアウトコースばかりですね。こんなにインコースが得なバッターだとおもっていなかったのでしょうね。

早めに始動し足を引き上げ回し込んで、軸足よりもベースから離れた方向に踏み出すアウトステップを採用。アウトステップを採用すると言うことは、真ん中~内角の球を強く意識し、腰の回転で巻き込む打撃を得意としているようだ。
アウトコースに速球を投げ込まれ、身体の開きを抑えて対応しているところであるのだが・・・。
踏み込み・ステップの幅は並程度。アウトステップでも構わないのだが、野球の配球が7割はアウトコースで構成されていることを考えると、強くアウトコースの球を叩くといった観点では、このアウトステップは不利になる。
更にアウトコースでもしっかり外角の球を打ち返すには、ヘッドをしっかり最後まで残し、踏み込んだ足元がブレず、長くカベをキープすることが不可欠だ。しかし彼の場合、インパクトの際に足元がブレやすく、腰の逃げも早いことから、
どうしてもアウトコースの威力のある速球やスライダーを苦手とする傾向は強い。その辺が、青森県大会決勝戦で、好投手・野田(青森山田)のアウトコースへの配球に翻弄される要因となっている

参照元:http://giantskyojin2chmatome.blog.jp/archives/5519987.html

大森剛は高校時代から注目

2000年からは巨人の東北・関東地区担当スカウトとなった大森剛が、2007年からは北海道・東北担当スカウトとなり、光星学院の坂本勇人を高校2年生のころから密着マークしており、2006年の高校生ドラフト1位候補として積極的に球団に推薦していた。

しかし、巨人は堂上直倫を指名する結論を固めていたが、大森は坂本を猛プッシュしたことが結果として現在の活躍につながっています。

こんにちはヨシラバーです。巨人ドラフト一位であり、2軍では圧倒的な成績を残し、だが1軍には大物スター選手がいるため、出番に恵まれない選手は沢山いた。岡本や大田泰示、和田恋より20年近く前に入団した、89年巨人ドラフト1位スラッガー「大森剛」

まとめ

原辰徳が使い続けたことがよかったのでしょうか。まさに巨人が生み出した生え抜きですね。坂本は6月の東北大会で8割強と打ちまくっており、また高校通産39本塁打のうち20本を2年の3月から放っているのですが、ドラフト1位候補ではなかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク