ロメロの移籍先は巨人・阪神!オリックスは退団

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリックスのロメロの退団が決定的となりました。11月末締め切りの保留選手名簿から外れる可能性が高くなりました。巨人や阪神、楽天への移籍はあるのでしょうか。

ロメロのプロフィールは?

国籍 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州ツーソン
生年月日 1988年10月17日(31歳)
身長 約188 cm
体重  約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 MLBドラフト12巡目(全体372位)でシアトル・マリナーズから指名
初出場 MLB / 2014年4月1日
NPB / 2017年3月31日

ロメロの成績・活躍は?

今季81試合の出場に留まりましたが打率305、18本塁打、63打点と好成績を収めています。

過去2年間も26本、25本塁打を放っておりホームランを20本以上打つコンスタントさがあり魅力のある選手。

2017年

一軍公式戦の開幕から「4番・右翼手」に起用されていた。

しかし、4月22日の対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)8回裏の守備中に、鈴木大地のファウルフライを追って一塁側のフェンスに激突。左膝大腿骨の挫傷で実戦への復帰までに4~5週間を要することが後に判明しました。

4月25日から1ヶ月ほど戦線離脱しました。

セ・パ交流戦から一軍へ復帰すると、再び本塁打を量産します。

6月13日からの対広島東洋カープ3連戦(マツダスタジアム)では、6月14日の第2戦で9号、6月15日の最終戦で10号本塁打を放ちました。

オリックスの外国人野手が来日1年目に一軍公式戦で2桁の本塁打を記録した事例は、2012年の李大浩以来でした。

ロメロは、パシフィック・リーグの最終規定打席に達しなかったものの、一軍公式戦103試合の出場でT-岡田に次ぐチーム2位(リーグ7位タイ)の26本塁打を記録した。

2018年

4番打者として開幕を迎えたものの、春先からロメロ本人も「野球人生で初めて」と語るほどの打撃不振が続き、セ・パ交流戦が終了した6月下旬の時点で、60試合出場で打率.214・10本塁打・26打点、特に得点圏打率が.189という状態で、4番からも外されるようになっていました。

  7月31日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦の打席中に右脇腹を痛め、右腹直筋損傷の診断で翌8月1日に出場選手登録を抹消されたました。

最終的にシーズン119試合出場で打率.237・25本塁打・63打点の成績を残した[22]

2019年

春季キャンプ中に首を痛めてシーズン開幕に間に合いませんでした。4月11日に一軍合流するも7試合の出場のみで4月20日に右内腹斜筋損傷により一軍登録を抹消となります。

5月17日に一軍復帰を果たし、セ・パ交流戦では15試合出場で打率.273・5本塁打・14打点と調子を上げていたが、6月23日に右腹斜筋炎症により再び一軍登録抹消となりました。

8月は23試合で打率.385・7本塁打・23打点と絶好調だったが、9月1日のロッテ戦で走塁中に膝を痛め、9月4日にシーズン3度目の登録抹消となりました。

ーズン通算で打率.305と、出場した試合では好調を保ったものの、3度の負傷による登録抹消が響き、出場は来日3シーズンで最も少ない81試合、18本塁打・63打点に留まった

ロメロの成績は?





O
P
S
2014 SEA 72 177 3 53 11 0 4 48 0 .192 .533
2015 13 21 1 8 3 0 3 6 0 .190 .673
2016 9 17 0 5 3 0 1 4 0 .235 .557
2017 オリックス 103 390 26 198 66 2 27 98 12 .274 .838
2018 119 443 25 200 63 7 42 114 10 .237 .765
2019 81 295 18 159 63 3 25 83 3 .305 .902
MLB:3年 94 215 4 66 17 0 8 58 0 .195 .549
NPB:3年 303 1128 69 557 192 12 94 295 25 .268 .826

ロメロの特徴は?

スペ体質が気になるものの、能力は高く、さらに守備もオリックス入団当初はライトの他、センターを守っていた程で走塁意識も高いのでかなり優秀な助っ人。

ロメロの移籍先は?

アメリカから獲ってくる選手は開幕を迎えるまで当たり外れが分からないとよく言われるので日本球界で活躍した実績のある選手はかなり貴重ですから他球団移籍も視野に入れているなら争奪戦は起きそうです。

阪神

阪神はFAなどでオリックスの選手を多く招き入れている事もあり今回も可能性はありそう。

チーム事情的にも外野は高齢化で長打不足という事もあってロメロ選手はかなりニーズに合っていると思います。

巨人

パーラーを獲得しました。パーラーはファーストを守れるものの外野での活躍と考えられます。よってファーストの選手がほしいはずです。

ロメロを獲得するかはわからないですね。ロメロはDH向きの怪我体質ですしね。

ペを好まない原監督率いる巨人ロメロ獲得は考えにくいと思います。

楽天

強奪楽天ですから。考えられないとはおもいますが。

まとめ

阪神が獲得に動く可能性はあるのではないでしょうか。

ガンケルはフロリダ出身の27歳の右腕です。2013年のドラフト18巡目でレッドソックスに指名されてプロ入りします。2015年にオリオールズ、2017年にはドジャースにトレードで移籍し、2017年4月にマーリンズに入団した。 (a
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク