【巨人】大竹寛のラーメンは成績に影響与える重要なものである!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人・大竹に100勝の大台到達の裏にあった努力と変化とありました。何を努力をしたのかと思えばラーメンの好みを変えたようです。
太麺の「横浜家系」から最近は細いストレート麺の「博多トンコツ系」へと変更したそうです。

言うほどの努力はさておきラーメンでメンタルが変わるようです。

毎年引退の噂がありましたが、大変化です。

大竹寛のプロフィールは?

ポジション 投手
投打 右投右打
身長/体重 184cm/94kg
生年月日 1983年5月21日
経歴 浦和学院高
ドラフト 2001年ドラフト1巡目

大竹の巨人の成績は?

広島での11年間で74勝78敗という実績を引っさげ、2013年オフにFAで巨人へ入団した大竹寛です。

大竹 
2014 22試合 129.0回 9勝6敗 3.98 
2015 11試合 056.0回 3勝4敗 3.21 
2016 17試合 091.1回 6勝6敗 3.55 
2017 13試合 069.0回 4勝4敗 5.09 

2018年はほぼ活躍せず、減額制限を超える50%減の年俸2625万円でサインしました。

そんな大竹を復活させたのはラーメンです。

大竹はラーメンが大好き

なんとラーメンで精神力をきたえることができるそうです。健康に悪そうには見えますが、わからないものですね。

なかなかチャンスが回って来なくても、メンタルは整えてきた。7月下旬。思い通りの投球ができないと、練習後にお気に入りの「ラーメン二郎」に向かった。普通サイズでも器からあふれ出る量だが、大盛りを注文。昼食後だったが「食べ終わったら、練習のときと同じぐらい汗が出たよ」とあっさり完食。心が“伸びない”ようリフレッシュを挟み、太くて丈夫な精神力を維持し続けてきた。

太くて強いメンタルが勝利を呼び込んだ。巨人大竹寛投手(32)が中日を相手に7回2安打無失点の好投で、5月13日以来となる2勝目。決め球シュートに加え、今オフ取… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

2014年は9勝をあげました。

オフには1年働ける身体作りを目指して好物のラーメンも断ち、95キロあった体重を90キロを切るまでに落としたようです。

ただ、ラーメンを立っていたためか3勝4敗に終わっています。

前夜に続く今季9度目の1点差勝利をものにした巨人。「緊張感のある試合に勝ててよかった。いい形で帰ってきてくれた」と原監督がたたえたのは、古巣・広島を相手に7回無…

大竹のらーめん好きに変化が

数年前まで太麺の「横浜家系」が好物だったが、最近は細いストレート麺の「博多トンコツ系」がお気に入りだそうです。

麺は「バリカタ」など硬めで食べることが主流だが、「のどごしが大事」と、あえて柔らかめを頼むのが“大竹流”とのことです。

まとめ

今年は年俸があがりラーメンもたくさん食べれますね。将来ラーメン屋を起業したら売れそうです。

関連記事

こんにちは、yoshiloverです。巨人は一岡を広島にだして悔しい思いをしているのでしょうか。ファンの方は仕方ないと割りきれているのでしょうか。大竹との比較です。一岡 竜司のプロフィール出身地福岡県糸島市生年月日1991年1月11日...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク