【巨人】小林誠司のパルプンテを信じている原監督の代打

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年5月2日の試合は意識朦朧の中見ていましたが、代打に小林を出している場面を見て幻かと思いましたが本当にあった出来事でした。

小林誠司とは?

先日甲子園で四打席四安打を放ったばかり

出身地 大阪府堺市南区
生年月日 1989年6月7日
身長体重 178 cm 83 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年3月28日
年俸 6,000万円(2019年)
経歴 広陵高等学校→同志社大学→日本生命→読売ジャイアンツ (2014 – )

代打小林?

2019年5月2日の中日戦でピッチャー田原に変わって代打に起用されたのは小林誠司でした。

誰もが石川慎吾が代打だろうと思っていた矢先に「令和一のパワーワードや」「石川慎吾じゃないの」「代打小林wwww」「原監督に意図を聞きたい」とツイッターは大荒れ。

しかし観客の期待むなしくゲッツーに終わりました。

原監督の意図は?パルプンテ?

原監督のこの名采配によって与田監督が不気味に思ったに違いありません。なぜこのような代打を送ったのでしょうか。

考えられるのはこのあたりでしょうか。

・炭谷の猛打賞の相乗効果に期待
・小林のバッティングを信じている説
・普段から素振りをしているのでチャンスを与えた説
・観客を盛り上げてジャイアンツ寄りの雰囲気にした説
・パルプンテに期待説
・代打石川慎吾と思わせて相手を混乱させる説

まとめ

盛り上がったのは間違いありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク