【巨人】坂本勇人の評価・特徴は史上最強の遊撃手と言わる理由は安打!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前までは史上最強のショートといえば松井稼頭央といわれていましたが、ここ数年の坂本勇人の活躍により評価がわかってきています。

それは持ち味であるヒットであるのはもちろんのことです。

2019年はホームランも打っています。

坂本勇人のプロフィールは?

背番号: 6

ポジション内野手

身長 / 体重:186cm / 83kg

生年月日:1988年12月14日

投打:右投右打

坂本勇人選手の実家は、兵庫県伊丹市にあります

坂本勇人の通算成績は?

2018年11月24日現在の坂本の記録は1711安打。

出場試合:1527
通算安打:1711
二塁打:322
本塁打:183
打点:706
通算打率:.291

坂本の取得タイトルは首位打者

2016年には首位打者となっていました。2019年にはホームラン王も獲得ができそうです。

首位打者:1回 (2016年)
最多安打:1回 (2012年)
最高出塁率:1回 (2016年)

現役選手・通算安打ランキングで8位である坂本勇人

最年少ながら8位にたっている坂本勇人。「通算安打」に関心が集まる中、驚かされるのが坂本のハイペースぶり

若さを見るとさすがとしかいえませんね。

現役選手の通算安打ランキングを見てみると、坂本は8位にランクイン。

順位 名前 安打数(年数)試合数 打席数

1位 阿部 慎之助 2085 (2001-2018) 2187 7356
2位 鳥谷 敬 2066 (2004-2018) 2095 7356
3位 内川 聖一 2043 (2001-2018) 1840 6661
4位 福浦 和也 2000 (1997-2018) 2234 7035

ーーーーーー名球会の壁ーーーーーーーーーーー

5位 福留 孝介 1808 (1999-2018) 1762 6179
6位 中島 宏之 1759 (2002-2018) 1639 5949
7位 栗山 巧 1722 (2004-2018) 1724 6041
8位 坂本 勇人 1711安打 (2007-2018) 1527試合 5885打数
9位 今江 年晶 1661 (2002-2018) 1678 5872

柴田勲さん「3000本を目指せ」

ジャイアンツの赤い手袋である柴田勲さんも、2018年のベースボールフェスティバルで坂本・ウェルカムの姿勢を見せました。

坂本勇人はいつ2000本安打達成か?史上最年少記録?過去のスピード記録は?

首位打者獲得後のペースで安打を重ねた場合は、通算出場試合が1778試合目に、2000本安打を達成します。

143試合すべてに出場するとして、2020年6月の終わりから7月にかけて、年齢は31歳7か月での達成です。

2000安打の最速記録は、川上は1試合1.2本のペースで安打であるが、坂本は1試合1.1本ペース。
また、年齢では榎本喜八氏の31歳7カ月が最年少記録。坂本は今年の12月に30歳を迎えるので、2020年の7月までに2000安打を達成すれば最年少記録更新となる。

もしかしたら、史上最短記録を狙えるかもしれませんね。また、スピード記録も野球の神様といわれた川上哲治に次ぐ高卒スピード記録も記録できるかもしれません。

【通算2000安打・スピード記録】
1位 1646試合 川上哲治
2位 1695試合 アレックス・ラミレス
3位 1708試合 長嶋茂雄

【通算2000安打・年少記録】
1位 31歳7カ月 榎本喜八
2位 32歳2カ月 張本 勲
3位 33歳6カ月 土井正博

まとめ

今年はホームラン王を狙えそうな勢いです。とんでもないバッターになりましたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク