大谷翔平のマンションは東京のどこ:勝どき、豊洲?倹約家!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、大谷翔平さんがマンションを購入したとの報道がありました。

アメリカを拠点としながらも日本にもタワーマンションを購入していたという事実がありました。

さすがメジャーリーガーのスケールは大きいですね。

東京のタワーマンションは第二の自宅として利用しており、部屋は最上階の一室だといいます。

お値段にしてなんと2億円5000万円だそうです。

大谷さんといえば月1万円生活をしていた倹約家ぶりが有名でしたね。野球だけをしていればそうなるのかもしれませんがストイックさがなんともいえませんね。

大谷翔平、自宅を購入?勝どきか豊洲の湾岸エリア?

日本ハムファイターズ時代で6億円を稼いでいた大谷です。

日刊大衆の取材によると、2億円の湾岸エリアのマンションをキャッシュで購入したそうです。消費税増税前に資産形成といったところでしょうか。住宅ローン減税は利用しなかったのでしょうか。

「日本一」とも言える素晴らしい眺望がウリの超高層マンションの最上階の一室を購入していたことが分かった。プロ野球関係者が語る。 「大谷が購入したマンションは、東京の湾岸エリアに建つ50階に迫ろうという高層マンション。買ったのは今春。なんでも、2億円近くする部屋をキャッシュで購入したそうですよ」

転載元: 風吹けば名無し 2018/11/18(日) 06:15:29.41 ID:zgyyQapN0 「世界一の選手を目指す」  1年前、2017年11月11日に行われたメジャーリーグへの挑戦会見で、こう話したのはロサンゼ

これが言いたかっただけやん?

ちなみに、大谷の部屋はメゾネットタイプだという。つまり、マンションながら2層構造になっているのだ。「やはり、部屋も“二刀流”にこだわるということですかね(笑)」(同)

日ハム時代は月10万円のお小遣いを余らせていた

日本ハム時代はご両親から毎月10万円のお小遣いが振り込まれていたそうですが、物欲がなくお金が余っていたそです。

2014年、日刊スポーツの直接取材でも語ってます。

「特に欲しいものもないので(お金は)たまっていく一方ですね」
現在、球団から毎月、今季推定年俸3000万円を12カ月で割った金額が振り込まれている。資金管理は岩手に住む両親に委任。小遣いとして月額10万円をもらうが、この2年間で「貯金は200万くらいになりました」

 日本ハム大谷翔平投手(20)が2日、たんす預金ならぬ「二刀流預金」の存在を明かした。プロ入り後は毎月、両親から小遣い10万円をもらっているが、物欲がなく大半は...

大谷は倹約家

アメリカでは家賃50万円と、メジャーにしては格安の家を借りている。

「大谷選手は贅沢な暮らしに興味がないんです。車もアメリカでは一般的なセダンに乗り、ファミレスが大好きで、お酒もあまり飲まない。贅沢しないから、蓄えはたっぷりあるはず」

まとめ

家庭持ちなら納得できるのですが、数億円稼ぐなら野球選手はバァーーンとお金を使って欲しいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク