スポンサーリンク

大城卓三のドラフトレポートでの評価?なぜ高校時代・大学時代に指名されなかったのか?

大城は打に関しては、野球解説者・監督・コーチからも誉められることがおおかったと思います。ただ、守備がここまで向上してくると、正捕手としてつかいたくなりますよね。

原監督はセ・リーグ制覇ではなくソフトバンクを倒して日本一を考えると思います。

そのためには打てる捕手・守れる捕手をつくりたいというのが本音ではないでしょうか。

大城卓三のドラフトでの評価はなぜだったのでしょうか。なぜ社会人までドラフト指名されなかったのでしょうか。

そこで気になり始めたのが打てる捕手は珍しいのになぜ社会人でのドラフトだったのかです。

そのへんをお知らせします。

YouTubeやってます。登録嬉しいです。

大城卓三のドラフトでの評価?なぜ高校時代・大学時代に指名されなかったのか?

出身地 沖縄県那覇市

生年月日 1993年2月11日

身長 187 cm

体重 89 kg

選手情報

投球・打席 右投左打

ポジション 捕手

プロ入り 2017年 ドラフト3位

高校は東海大学相模高校

2年春に正捕手座を獲得すると、打撃でも4番として、まさに攻守の要とチームを牽引しました。2年秋には、県大会優勝、関東大会優勝、神宮大会準優勝の好成績を収めています。

しかし翌春の選抜では1安打のみで、初戦敗退でした。

3年では阪神にドラフト指名された一二三慎太とバッテリーを組み、第92回全国高等学校野球選手権大会に出場します。

4番・キャッチャーとしてチームの主力となり、3年夏の大会では甲子園で準優勝に輝きます。

大学時代は?

東海大学に進学し、2年生から春のリーグに出場します。

当初はDH起用でしたが、3年秋に正捕手につくと、打率.375の好成績でベストナインに輝きました。

4年生の時には春秋のリーグで首位打者・MVP・ベストナインを獲得し、その年の全日本大学野球選手権大会で優勝に輝く等、大学野球屈指のスラッガーとして注目を集めます。

その後も、

4年春 打率.447点9 MVP・ベストナイン

大学選手権13年ぶり優勝。打率.533 MVP・首位打者

4年秋 最多安打23安打を記録。MVP・首位打者。

と立派な成績を収めています。

リーグ通算成績は、48試合打率.405、64安打、3本塁打、25打点。

大学で2季連続首位打者に輝いた巧打力を持ちます。

それなのにドラフトで評価されず社会人に進んだのは?

なぜ大城卓三はドラフトで指名されなかったのか?レポートは?

一時代前の阿部慎之助や城島と違い、守備型捕手が好まれレギュラーになる時代だが、大城選手はしっかりと打てる選手。

キャッチングやフットワークに課題を持ち、社会人捕手ながら守備に課題をもち、DHを守ることもありました。それがドラフトで指名されなかったのではないでしょうか。

ディフェンス面ではプロレベルにないですし、小林と比べても勝負にすらならないでしょう。

巨人も香取GMがファーストや外野手での利用も考えていると話していたので入団当初はコンバートも視野にいれていたのだと考える。巨人では早速コンバート案が出るなど、左の巧打者としか見ていないようで一塁手や左翼手として期待される。

「阿部選手は長年にわたって巨人の正捕手を務められ、打つ方でも2000安打を達成された方。自分も打てる捕手を目指している。捕手で勝負したい。素晴らしいキャッチャーの方がいるので負けないように、1軍で活躍できるように練習していきたい

大城選手には健二さんという双子の兄がおり、健二さんも野球選手で現在は社会人野球のトヨタ自動車に所属しているそうです。

まとめ

守備がうまくなるのに色々と巨人で練習をしたと思います。

期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク