巨人・大竹寛の今や現在は?戦力外危機・引退危機から復活・回避!

ジャイアンツ

今年の大竹寛は、年俸50%減の推定2625万円でした。評判で、なぜ戦力外にしなかったのか疑問があったほとでした。

2020年は復活し、年俸がアップしています。成績はどうなのでしょうか。

今季の大竹は6月1日に初の1軍昇格を果たすも、登板機会を与えられないまま、わずか2日後に2軍落ち。20日に再び登録され、以降は4試合を無失点に抑えています。

 

巨人・大竹寛の今や現在は?戦力外危機・引退危機から復活・回避!

広島一岡竜司を放出して大竹寛をFAで獲得

広島の中継ぎとして大活躍の一岡竜司を放出して、大竹寛を獲得しました。若きリリーフエースとして広島カープの主力の一角を担っていいます。

この件が、人的補償で若手をプロテクトして、長野久義や内海哲也の生え抜きのレジェンドの流出につなかったとも言われています。

大竹寛の成績

大竹寛は2018年シーズン、登板数2試合に留まり、投球回数9イニングスで防御率6.00という成績でした。

2018年シーズンは特に酷いのだが、そもそも巨人に移籍した2014年以降は規定投球回数に到達した事すらありません。

大型契約をした選手として、まさに不良債権という言葉が似合う投手でした。

大竹寛はトレード・引退・戦力外の噂もあった

今年前半の巨人関係者の話です。2013年オフにFAで巨人へと移籍したが、その後は5年間で23勝しか挙げられず期待ハズレとなりました。

特に昨年はわずか2試合の登板に終わり、1勝1敗、防御率6.00という成績で戦力外通告もあり得ました。

「大竹は確かに一軍で結果を残せていません。しかし、昨季二軍では9勝4敗、防御率2.97と一定の成績を挙げています。35歳という年齢はネックですが、確かにほしがるチームがいてもおかしくはありませんね

ただ、政権交代で昨秋復帰した原監督が「寛ちゃんはまだ使えるだろ」と鶴の一声でトレードや戦力外を辞めたと言います。

2019年の正月に原監督は大竹を下記のように評価しています。

「大竹は山口俊と勝負。大竹は僕のことが大好き。誘えば『行きます!!』ってどこでも来る。」

 

大竹寛は2019年に完全復活した理由は?

今季の大竹は6月1日に初の1軍昇格を果たすも、登板機会を与えられないまま、わずか2日後に2軍落ち。20日に再び登録され、以降は4試合を無失点に抑えています。

原監督になったから

やはり原監督が好きだったからでしょうか。2019年は活躍をしています。

原監督は「なかなか気っぷがいい。見習ってほしい、若い投手には」と絶賛しています。

宮本コーチも下記のコメント

大竹ってのは応援したくなるね。声枯れちゃってさあ。大竹の応援で。うれしかったねえ。リリーフ陣がああやって頑張って最後まで抑えたっていうのが。この上ない喜びですよ」

絶体絶命の場面で腹をくくった投球ができるのは、素晴らしいですね。

宮本コーチも現役時代は縦に割れるドロップカーブを武器にしていたので、緩急のあるピッチングを伝授しているのかもしれません。

大竹寛は謙虚

3試合連続無失点と結果を残しましたが、まだ謙虚です。

「与えられたところしっかり、バッターを1人ずつだと思ってやっている。1日1日が勝負だと思っている。続けていきたい

大竹寛の年俸が復活

年俸が2375万円あがり、5000万になりました。

年度年俸(万)差額年齢球団
20205000237537歳読売ジャイアンツ
20192625-262536歳読売ジャイアンツ
20185250-175035歳読売ジャイアンツ
20177000-300034歳読売ジャイアンツ
201610000033歳読売ジャイアンツ
201510000032歳読売ジャイアンツ
201410000031歳読売ジャイアンツ
201310000350030歳広島東洋カープ
20126500-150029歳広島東洋カープ
20118000-150028歳広島東洋カープ
20109500300027歳広島東洋カープ
20096500140026歳広島東洋カープ
20085100170025歳広島東洋カープ
20073400024歳広島東洋カープ
20063400130023歳広島東洋カープ
20052100145022歳広島東洋カープ
20046505021歳広島東洋カープ
2003600020歳広島東洋カープ
2002600019歳広島東洋カープ

大竹寛の成績が復活

先発から中継ぎとなり重要な役回りとなり復活しました。

20194勝0敗0826回2.7798268242
20181勝1敗009回6.006613252
20174勝4敗069回5.0941397518509
20166勝6敗091.1回3.5540369130716
20153勝4敗056回3.2121205611355
20149勝6敗0129回3.986057127347913
201310勝10敗0163回3.3764611524910013
201211勝5敗0144.2回2.36443814443856
20111勝1敗031.2回1.7176287151
20101勝0敗018回5.001010221092
200910勝8敗0185.2回2.8172581776012710
20089勝13敗0171回3.848973189679919
20079勝10敗0145.2回3.7772611375910415
20066勝13敗0157回4.9392861725411025
200510勝12敗0161.2回5.621101011718716122
20046勝5敗1782回3.18332968409111
20031勝1敗08回5.63659352

まとめ

来年も中継ぎとして期待です。

 

コメント