【巨人】岡本和真の体型が太り過ぎが不調の原因の話題に!ダイエットしていた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡本和真の不調の原因は、体重が太り過ぎ、体型が問題といわれています。確かにスイングに切れがないようにも見受けられます。

多くの選手が陥りがちな夏場の体重減とは無縁で、関係者の証言によると、公称96キロの体重は110キロ超とのことです。

岡本和真のプロフィールは?

岡本和真(おかもとかずま)
出身地:奈良県五條市
出身中学:五條市立五條東中学校(橿原磯城リトルシニア所属)
身長:183cm
体重:95kg
ポジション:ファースト/サード
投/打:右投げ/右打ち

2018年は大活躍でした。

こんにちは、yoshiloverです。岡本は4年目で覚醒したが大田は8年間巨人に在籍中はチャンスが生かせず日ハムで覚醒したように見受けられますね。なぜ岡本和真は覚醒できた?危機感の問題?背番号の問題?危機感の問題恐らく、危機感の問題はあるか

岡本和真はダイエットをしていた

昨年に104キロまで増えた体重を「90キロ台まで落としてキャンプを迎えたい」と減量することを明かした。
現在は「米をあまり食べないようにしている」と炭水化物を減らしている。

炭水化物の摂取を控え、食事管理と運動で肉体改造を図るストイックな生活に挑戦中でした。

こんにちは、ヨシラバーです。坂本勇人や菅野、丸佳浩など巨人には球界の顔となる選手は沢山います。その中で、岡本和真が巨人の顔になれば、巨人の優勝ではないでしょうか。岡本和真の2019年に球団に期待される成績は?球団からは「3割、30本、100

岡本和真の不調の原因は太り過ぎ?

2019年のキャンプでは一塁から三塁へのコンバートに挑戦してましたが、体がひと回り大きくなった印象がありました。
必要以上に筋肉をつけてしまったように騒がれていました。

太もものがすごいと騒がれていましたね。それが悪影響を及ぼしているとのことです。

シート打撃で三塁を守っていた際、邪飛を追ったのだが、足がスムーズに回転せず、バタバタした動きだった。打撃練習を見ても、スイングにキレがいまひとつでした。

太りやすい体質のため意識はしていた

太りやすい体質のため現在は「米をなるべく食べないように」と炭水化物の摂取を控え、食事管理と運動で肉体改造を図るストイックな生活に挑戦中だったといいます。

目標は“2桁体重”でした。

赤星は篠塚の専門家は?

篠塚氏に続いて赤星氏も軸足に体重残り過ぎって言っています。それが原因でスイングに切れがないのでしょうか。

アッパースイング気味のキレの良いスイングが今年は見られません。

こんにちは、管理人のよしです。まだ、シーズンは入ったばっかりですが、今年の岡本 和真のバッティングスイングがやけにきになりません?岡本 和真のバッティングスタイルが変わった?めっちゃアッパースイングのような気がします。アッパースイングがいい

まとめ

球団からは「3割、30本、100打点は最低ライン。一段高い『40本塁打・120打点』を目標にしてほしい」と厳命されていました。

長い巨人の歴史のなかで40本、120打点達成したのは、王貞治・ラミレスの2人だけしかいません。

優勝争いのなかでプレッシャーを考えていたところもあるかもしれませんが、岡本和真はまだ若い。

これから復活すると信じましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク