【巨人】岡本和真の覚醒は幻2019!復活に向けて交流戦から本気モード!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡本和真の去年の4番が勝ち取った4番じゃなくて与えられた4番って考えがあったり

去年の成績がまぐれって言ってる人もいます。

ただ、一つ言えることは最年少で3割30本100打点打てるなら誰でも打ってるわけではありません。

昨年だけ覚醒したといわれないようにがんばりましょう。

岡本和真のプロフィールは?

出身地 奈良県五條市
生年月日 1996年6月30日(22歳)
身長 185 cm
体重 96 kg
選手情報
投球・打席 右投右打

岡本和真は3割30100打点をした4番バッター

22歳シーズンでの「3割30本100打点」到達し、プロ野球史上最年少であり、23歳の王貞治、門田博光らレジェンドが記した球史を塗り替えました。

打率.309、100打点、33本塁打というすばらしい結果を残し、シーズン途中からは”不動の4番”ともなりました。

また、巨人もで「3割・30本塁打100打点」をクリアすれば、これも2010年・小笠原道大(率.308・34本塁打)、アレックス・ラミレス(率.304・49本塁打)以来で8年ぶりのことなります。

生え抜きとなりますと、メジャーリーグにいくまえの2002年の松井秀喜以来となります。

ちなみに松井秀喜の記録は驚愕です。

松井秀喜(率.334・50本塁打、107打点)

2019年はプロからの厳しい攻めがより厳しい

他球団の攻めは昨年と比べものにならないほど厳しいものになるでしょうん。

それが”2年目のジンクス”とされてしまう理由だが、決して打者も怠けているわけではありません。

他球団が研究するのと同様に、打者も同じく相手投手を研究し、自分の弱点を克服しようとする。

「おそらくこういう攻め方をしてくるだろう」と予測し、その対処を念頭に、自主トレ、キャンプでのフォーム固めに時間を費やしたでしょう。

岡本和真の年俸もうなぎのぼり

6800万円増の年俸8千万円でサインしました。。

「最大限の評価をしてもらった。こんなに上がるものなんだなとびっくりした」と岡本をはなしていました。

チームがAクラス(3位)入りを決めた阪神との今季最終戦(10月9日、甲子園)で勝ち越しソロなど2本塁打を放つ活躍を見せ、打点をちょうど100へ載せた。

「来年は今年以上の成績を残したい。40本塁打、120打点を目指す」と言い切っていました。

岡本和真の2019年の成績は?

打率.255 ホームラン11 打点38 ops737

ちなみに岡本和真 6月成績 は.368(19-7) 本1 打点2です。

復活復調してますね。

まとめ

交流戦にはいって岡本は復活してきているかもしれません。これで終わる選手ではないので後半戦に向けて期待しましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク