野上亮磨はなぜFAで巨人に移籍!先発として西武では活躍していた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口俊が怪我となり代わりに先発となるのは野上です。鳴り物入りで巨人に入団した2018年ですが、先発として期待されていたいにもかかわらず思うような活躍はできていませんでした。

先発として復活ができるのでしょうか。

野上 亮磨のプロフィール

出身地福岡県太宰府市
生年月日 1987年6月15日

身長 177 cm
体重 74kg

鹿児島県の神村学園高等部

野球部監督から誘いを受け、野球部1期生として神村学園に入学しています。

できたばかりの野球部を取り囲む環境は劣悪で、グラウンドは山を切り開いただけの荒地のような場所でした。1度だけ甲子園に出場しています。

出場したのは3年の春の選抜甲子園で、チーム結成後2年のチームが甲子園に初出場すると、あっという間に決勝戦まで進みました。決勝では、愛工大名電に3対9で惜しくも敗れましたが、野上投手は準優勝投手となりました。

プロ志望届を提出したが指名はなく、日産自動車に入社しました。

西武ライオンス時代の成績は?先発としての活躍は?

2009年4月30日の対福岡ソフトバンクホークス戦でリリーフ登板してデビューします。

2012年は、涌井秀章が二軍調整に入った後は、先発ローテーションの一角を担い、自己最多の8勝を挙げた。2013年は開幕ローテーション入り。この年は自己最多の11勝を挙げた。

2016年は先発ローテーション入りしたが、先発で結果を残せず中継ぎ、中継ぎから先発に戻るの繰り返しで、この年は3勝、防御率3.87に終わった。

2017年は4年ぶりに二桁勝利を挙ました。

年度 登板 完封 勝利 敗戦






2009 25 0 3 5 1 3 4.45
2010 27 0 2 2 0 1 5.14
2011 4 0 0 1 0 0 10.38
2012 23 0 8 5 0 0 2.97
2013 30 0 11 7 0 1 3.95
2014 25 0 8 10 0 1 4.49
2015 27 0 7 7 0 0 4.22
2016 22 0 3 9 1 1 3.87
2017 24 1 11 10 0 0 3.63
NPB:9年 207 1 53 56 2 7 4.03

二桁勝利を上げる力はあるのでぜひとも活躍してほしいですね。

野上亮磨の球種は?

スリークォーターから平均球速約141km/h、最速149km/hのストレートにスライダー、チェンジアップ、カーブを混ぜるピッチングとなります。

また、2017年はパ・リーグの規定投球回以上の13投手では、最も少ない24与四球と安定した制球力に加え、球速が増したことで球質の違う直球を使い分けられています

期待はずれともいわれる野上だがなぜ巨人へ移籍

マイコラス投手が抜けたことで、ある程度ゲームメイクのできる先発投手の補強を模索していたところ、ライオンズからFA宣言をした野上投手の獲得に踏み出したのでしょう。

十分な契約金などの用意はできるジャイアンツですから、他球団に奪われないためにも、推定年俸はそのくらいになったのではないでしょうか。

年俸は、その前の年の成績に大きく左右されます。

2016年が3勝9敗
2017年が10勝11敗ですから。

それとFA宣言しましたから、欲しい球団が、提示金で競争するので、高くなります。

ですので年俸が高いといわれますけどね。

まとめ

先発としての実績はあるのでこの厳しい時期に復活してもらいたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク