【巨人】西村健太朗の引退理由は?シュートが得意な抑えだった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西村健太朗が2018年引退していまいましたね。ストッパーでは最高のピッチャーでした。なぜ引退してしまったのでしょうか。

完投・連投を可能とする頑健な体を武器とし、チーム事情に合わせて先発、中継ぎ、抑えをこなしてきました。

西村健太朗のプロフィールは?

広陵高校といえば二岡と小林、光夫。

出身地 広島県安芸郡府中町
生年月日 1985年5月10日(32歳)
身長
体重 184 cm
94 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト2巡目
初出場 2004年7月1日
年俸 8,600万円(2018年

広陵高校で選抜の優勝投手の西村ですが、2004年の甲子園での初登板では6失点という結果に終わります。

投げやすかった球場のはずが、前年は阪神が優勝したこともあり独特の雰囲気でした。

広島出身だけに小さい頃からカープファン

地元ということもあり大のカープファンでした。

巨人には強いチームという印象を持っていて、桑田、清原、上原がいて、木佐貫ら若い選手があまり活躍していない印象があったそうです。

「使い勝手のいいピッチャーで良かった」

先発→中継ぎ→先発とポジションが固定されていませんでした。首脳陣からすると使い勝手がいいピッチャーですが、それでもよかったと本人は語っています。

西村健太郎の巨人での活躍は?

「使い勝手のいいピッチャーで良かった」

先発→中継ぎ→先発とポジションが固定されていませんでした。首脳陣からすると使い勝手がいいピッチャーですが、それでもよかったと本人は語っています。

もともと先発経験がなくて中継をやりたかったですけど、次第にその考えは変わってきて。1軍で投げられるのであればどこでもいいと言う感じに。なので臨機応変に対応できたと思います。

西村健太朗の必殺「シュート」は小谷正勝コーチから

ここでも小谷コーチの名前が。西村のシュートはプロ入団後に習得。あれがなければここまでやってこれなかったと語る。

「この握りで、インコースに真っ直ぐと同じ気持ちで投げてみろ」と。やってみたらたった一球で「よし、明日の試合から」と。

見抜かれていたんですね。シュートは僕の中ではイメージがなかったのですが。

西村健太朗の球種は?

平均球速約145km/h、最速153km/hのストレート、高校時代の決め球の縦スライダー、2005年オフに修得した平均球速143km/hの高速シュート(ツーシーム)、2007年オフに修得したフォーク、2010年のキャンプで修得したチェンジアップ、2012年から取り組んでいるカーブ[など、多彩な球種を投げ分けました。

西村健太朗の引退の理由は?

引退を決意したのは脱臼

2018年の夏にはイースタンで活躍し、一軍にいつでも呼んでもらえるように準備をしていたそうですが、投球中に肩が突然外れてしまったそうです。

リハビリを続けるも投球中の脱臼で復帰した選手はおらず、ジャイアンツ以外の球団でプレーすることは考えていなかったため引退を決意したようです。

まとめ

第二次原政権の強さの象徴でしたね。西村のような抑えがまた生まれてきてほしいですね。

関連記事

2018/11/23追記 西村は球団職員になるそうです。ついに引退か…ことしは、中継ぎが充実しているといわれていますが、毎年巨人の抑えには西村がいましたよね。今年は何をしているのでしょうか。西村をあげて、より強い投手陣を作ってほしいです。西
こんにちはヨシラバーですスコット鉄太朗を覚えていますか?原野球の象徴で2012年から2014年に鉄壁のリリーフ陣として活躍し、巨人の3度のリーグ優勝・1度の日本一に大いに貢献しています。巨人の勝利の方程式である。先発が6回投げ切れば勝利が確
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク