中村奨吾と山田哲人の関係!天理高校時代・甲子園ライバルも!家族?家族と実家!父と母!両親

中村ロッテソフトバンクホークス
中村ロッテ
この記事は約3分で読めます。

中村奨吾と山田哲人!天理高校時代・甲子園!家族?家族と実家!父と母!両親

中村と山田哲人

山田哲人が野球人生で敵わないと思った男、中村奨吾です。大学日本代表4番を打ったエリート、遂に山田に追い付きそうですかね。履正社山田と天理中村のライバル関係でした。

守備で菊池に負け打撃で山田に負け総合力で浅村に負ける男のイメージではありますが。。。

中村奨吾と山田哲人!天理高校時代・甲子園!家族?家族と実家!父と母!両親

  • 出身地 兵庫県三木市
  • 生年月日 1992年5月28日(26歳)
  • 身長 180 cm
  • 体重 79 kg
  • 選手情報 投球・打席 右投右打
  • ポジション 内野手、外野手
  • プロ入り 2014年
  • ドラフト1位 初出場 2015年3月29日

天理高校時代からのライバル山田哲人

天理高等学校では1年生の時に外野手としてベンチ入りします。

 2年生の時、夏の甲子園・全国大会の1回戦で「3番・中堅手」、2回戦では「3番・左翼手」で先発出場し、計7打数5安打3打点、打率.714でした。

 3年生の時、春の選抜高校野球では1回戦で「3番・中堅手」で先発出場したが無安打に終わり、チームも敗れたました。

甲子園で山田哲人に敗れる

 夏の甲子園・全国大会1回戦で「3番・三塁手」で出場、3打数1安打1打点だったが、チームは山田哲人、坂本誠志郎を擁する履正社に敗退したのです。
これは中学時代からの永遠のライバル

高校の1学年先輩に西浦直亨がいる。

山田哲人へのコメント

(山田は)小・中・高とずっと対戦している選手で、中学も同じリーグでしたし、高校最後の夏も彼がいた履正社高に負けて自分たちは終わったので、自分の中にはずっと彼がいましたね。
その後、彼はプロに行って、自分は大学に行って道は分かれたんですけども、この4年間、自分は親にお金を払ってもらって大学で野球を続け、彼は4年間自分でお金を稼ぎながら野球をしてきた、その差はきっとあると思うんです。
 
 だからと言って、自分が大学でやってきたことは無駄じゃないと信じていますし、意識しないと言ったら嘘になりますけど、彼は昨年、セ・リーグの最多安打も打って、侍ジャパンにも入って本塁打を打ったりと、すでに実績も積んでいるので、素直に凄いなと感じますし、尊敬もしています。

家族!実家!母と父は!

 

実家は兵庫県です。 これも山田哲人と同じですね。

そして中村奨吾選手の実家は兵庫県三木市。

母!

実家に帰るお母さんの手作りカレーを食べるのが一番ホッとするそうです。

中村奨吾選手の家族や実家についてですが、お父さんは中村優仁さんという方す。天理高校の出身で2年の夏に甲子園大会に出場していて西武の名捕手・伊東勤さんとも対戦したことがあるそうです。

父は?伊東勤と天理で対戦

伊藤勉と中村省吾の父

伊藤勉と中村省吾の父

優仁氏も天理高校野球部OBで、2年生時に夏の甲子園・全国大会で3番・左翼手で出場、中村のプロ入り時のロッテの伊東勤監督と対戦した経験がある。

その後電電近畿(現NTT西日本)に進んで野球を続けた。中村が小学生時から練習に付き合い、アドバイスを送っていた

まとめ

セカンドのレベルが上がりすぎてますが中村もすごい存在です。

 

コメント

error:Content is protected !!