宮崎敏郎の年俸?かわいいの?結婚!彼女は?天才!FA移籍ソフトバンク?セガサミー宮崎!自宅

この記事は約5分で読めます。

宮崎敏郎の年俸?かわいいの?結婚!彼女は?天才!FA移籍ソフトバンク?セガサミー宮崎!自宅

会見冒頭で宮崎は「この度FA権を行使せず横浜DeNAベイスターズに残留することに決めました」と残留を表明した。

17、18年に三塁でベストナイン、18年にゴールデングラブ賞受賞。26日終了時点でプロ通算766試合に出場し、810安打92本塁打を放ち、326打点、打率3割2厘。盗塁は成功も失敗もない。愛称は「ハマのプーさん」。172センチ、85キロ。右投右打。背番号51。

DeNA・宮崎敏郎がFA移籍の獲得!残留!巨人?ソフトバンク・楽天?阪神・オリックス

その後も18、20年に打率3割超えをマークするなどチームの中心選手として、DeNA打線を支えてきた。

出身地 佐賀県唐津市

生年月日 1988年12月12日(31歳)

身長  172 cm 体重 85 kg 選手情報

投球・打席 右投右打 ポジション 三塁手、二塁手、一塁手 プロ入り 2012年 ドラフト6位

初出場 2013年5月20日 年俸 1億6,000万円(2020年

年俸は2021-2022!契約は?

契約年数は“6年”の長期契約。

2022年2億横浜DeNAベイスターズ51
2021年1億7000万円横浜DeNAベイスターズ51
2020年1億6000万円横浜DeNAベイスターズ51
2019年1億6000万円横浜DeNAベイスターズ51
2018年8000万円横浜DeNAベイスターズ51
2017年3000万円横浜DeNAベイスターズ51
2016年1200万円横浜DeNAベイスターズ51
2015年850万円横浜DeNAベイスターズ51
2014年950万円横浜DeNAベイスターズ51
2013年850万円横浜DeNAベイスターズ51

かわいいが天才

男性からするとパワフルなバッティングに目が行ってしまいますが、女性の視点ではクリクリしたつぶらな目や子供っぽさを失っていない仕草が”かわいい”と話題になっていました。

天才

「宮崎敏郎」という素材に手を出してはいけないのはわかっている。だって天才すぎるんだもん。

嫁や奥さんは?彼女は?結婚してる!子供

2020年のシーズンオフに結婚を発表した宮崎敏郎選手の嫁さんは、高校時代の同級生で一般女性とのことで、地元での再会を機に、2017年の夏頃から交際をスタートさせて、約3年もの年月が経った2020年12月15日に婚姻届を提出したそうです。

ただ、どうやら嘘なのかもしれないです。

宮崎は彼女はいるだろうと思い「宮崎敏郎 彼女」と検索すると「智美」さんという方

が出てきました。

子供は?

 

奥様のお腹には新しい命が宿っていたという情報から、もうすでに宮崎選手はパパになってますね。

なお、上記の情報元はネット上の書き込みや個人ブログによるもので、スポーツメディアや球団の発表を見つけることができませんでしたので正確な情報については不明です。

ただ宮﨑選手は32歳なので結婚していても不思議ではない年齢です。

そして宮﨑選手の誕生日は12月12日、婚姻届を提出したのが12月15日とタイミング的にも良くありませんか?

なぜFA移籍はせず!ソフトバンク

FAは規定の8シーズンをクリアした選手にだけ与えられる権利です。

他球団の評価は聞きたくなる。だが、宮崎はFA権を行使せずにチームに残留することを決断しました。  

シーズン終了の翌日に残留会見が設定されるのは極めて異例です。

最下位からの雪辱に燃えるチームの、そして宮崎自身の気持ちを象徴するような会見となった。

「横浜DeNAというチームが好きですし、熱狂的な熱いファンの皆さんの前でプレーできるというのも凄く嬉しい。ファンの皆さんと勝って喜びを分かちあいたい。それが残留を決めた一番の理由です」

スーツ姿で会見に臨んだ宮崎の表情は、晴れ晴れとしていた。

 

心が決まった」のは26日に横浜スタジアムで行われた本拠地最終戦後のセレモニーだったという。ヤクルトに1-5で敗れ、甲子園で阪神が中日に負けたため、ヤクルトの優勝が決まり目の前で胴上げを見せられた。

「悔しい思いは凄くありました。自分たちもやらないと、という思いになりました」  

その後に今季最終戦のセレモニーがあり、選手各々のメッセージを書き込んだTシャツに着替えて場内を1周した。ファンは最後まで居残り選手に拍手を送ったが、宮崎のチーム残留の気持ちは、そこで固まった。

ソフトバンク?

実際のところホークスは静観を決め込み、宮崎はDeNAに残留します。

数年前から地元・九州の佐賀出身で球界を代表する巧打者の動向をチェックしていたのは紛れもない事実でした。

 動かなかったのは年齢面、人的補償の問題もあったが、同じ三塁手に複数の有望株が頭角を現してきたことも大きな理由です。

 

セガサミー宮崎

「宮崎祐樹(元オリックス・バファローズ)」と「宮崎敏郎(横浜DeNAベイスターズ)」のこと。


2人のプロフィールが血縁関係がないにも関わらず酷似していることから、どちらか分からなくした表現として用いられる。


ただし、祐樹がプロ入りした2011年に敏郎がセガサミーへ入社したことから、2人のセガサミー宮崎は「同時にセガサミーでプレーしていたシーズン」は存在しまん。

だが、敏郎が自主トレーニングで亜細亜大学の施設を使っている縁もあってからオフに合同自主トレを行ったり、祐樹が戦力外になった際にトライアウト受験の練習に付き合うなど本人同士の交流は多い。

まとめ

ちょっと前ならどこも三塁手不足してたからそこそこ人気になりそうだったな ここ2年くらいで一気に埋まった、球界全体でサードの人材難が深刻なんて言われてたらいつの間にかサードでええ選手だらけになってるからびっくりです。

コメント

error:Content is protected !!