巨人・ミレニアム打線!2000年にダイエー(現ソフトバンク)と対戦し圧勝

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人歴代最強打線は2004年とも言われています。ただ、個人的には個性が生きているのはミレニアム打線かと思います。2000年シーズンの読売ジャイアンツの打線の名称であり、巨人軍監督でであった長嶋茂雄である。

その年がミレニアム(新千年紀)と呼ばれていたことにちなんで命名されました。長嶋巨人と王ダイエーが戦った日本シリーズの“ON対決”で盛り上がったシーズンです。

ミレニアム打線の特徴は?

  • 松井秀喜は前年まで主に三番打者で活躍していたため、シーズンを通して四番打者を務めたことが無かったが、ミレニアム打線でついに4番バッターへ!
  • 西武ライオンズからドミンゴ・マルティネスを獲得
  • 江藤智をFAで広島東洋カープから獲得
  • 当初は江藤が3番、高橋由が5番、マルティネスが6番を打っていたが、5月から高橋由とマルティネスの打順が入れ替わった。その後、7月からはマルティネスに代わって清原が5番一塁に入り、8月終わりからは江藤と高橋由が入れ替わってのオーダーでした。
  • 攻撃的1・2番コンビを組んだのは他球団なら充分クリーンナップを打てる仁志敏久と清水隆行です。
  • 松井は全試合四番打者で出場を果たし本塁打、打点の二冠を達成すると共に、シーズンMVPと日本シリーズMVPも獲得するという活躍ぶりでした。

ミレニアム打線の打順は?4番松井秀喜!強い!

打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁
1 仁志敏久 .298 20 58 11
2 清水隆行 .271 11 46 11
3 高橋由伸 .289 27 74 5
4 松井秀喜 .316 42 108 5
5 ドミンゴ・マルティネス .288 17 64 0
清原和博 .296 16 54 0
6 江藤智 .256 32 91 7
7 二岡智宏 .265 10 32 9
8 村田真一 .204 7 34 0
村田善則 .268 3 13 0

なんと年齢層は?

松井26歳、由伸25歳、二岡24歳、清水27歳、仁志29歳と主力のほとんどは20代でした。FA組でさえ江藤30歳、清原33歳でした。

ミレニアム打線のホームラン集

2000 ジャイアンツ ミレニアム打線 本塁打集

巨人史上最強打線とミレニアム打線はどちらが凄いか?

打線だけなら2004年です。チーム年間本塁打日本記録を更新しましたからね~262本でしたっけ!プロ野球史上最強打線でした。でも好きなのは2000年ですね!松井が懐かしい!

こんにちは、ヨシラバーです。巨人が貧打に苦しむことになっているとは、2000年前半の巨人は、誰もが思っていなかったことでした。最近では、西武の山賊打線が有名ですが、どのような打線だったのでしょうか。【西武】山賊打線のトピックは?【西武】山賊

まとめ

ミレニアム打線とは、長嶋巨人と王ダイエーが戦った日本シリーズの“ON対決”で盛り上がったシーズンで、両リーグ1位の203本塁打の破壊力でした。

2019年はソフトバンクと巨人の対戦で、それ以来となります。その頃原監督はヘッドコーチだったため、今の打線と比較するとまだ未完成というのもうなずけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク