スポンサーリンク



スポンサーリンク

巨人・サンチェスの年俸!評価!球種・球速!昔のルイスは?グローブ!グラブ!韓国の成績!特徴は?評判は

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジャイアンツ

巨人が来季の新外国人の投手が、韓国プロ野球SKのアンヘル・サンチェス投手と基本合意に達しました。17年には米大リーグのパイレーツで8試合登板して1勝を挙げています。

大リーグ球団との争奪戦に発展する中で、先発補強を目指した巨人と双方の思惑が一致しました。

韓国球界からNPBの門を叩き、席巻した例はグライシンガー(ヤクルトほか)、バンデンハーク(ソフトバンク)ら複数ある。

一体どんな選手なのか気になりますね!

今日はアンヘル・サンチェス選手について調べてみました!

スポンサーリンク

巨人・サンチェスの年俸!評価!球種・球速!昔のルイスは?グローブ!グラブ!韓国の成績!特徴は?評判は

最大の補強ポイントに挙がる先発強化

国籍:ドミニカ共和国

生年月日:1989年11月27日

年齢(29歳)

身長:188㎝

体重:86㎏

右投右打

投手

 

 

年俸は?

韓国SKでの契約金は、年棒85万ドル+オプション25万ドルの110万ドルで契約されています。

これは現在のルートで言うと日本円で119,400,600 です!

1億越えなんですね。1億以上は年棒として支払う可能性がありますが、そうなるとかなり成績を残さないといけないのでプレッシャーになりそうですね!

メジャーや韓国での成績は?評価や記録は?

 

アンヘル・サンチェス投手は、2001年のMLBドラフト、カンザスシティ・ロイヤルズから指名され入団します。

ドミニカ共和国出身のサンチェスは、10年に国外FAでドジャースに加入すると、マイナーリーグを中心に経験を積み、27歳だった17年に大リーグデビュー

2015年はAAA級で10先発60回55K,、防御率2.55の成績です。

韓国に行く前の2016年はトミー・ジョン手術後で全休。

2017年はリリーフ専念でマイナーのAAAで55.1回で65Kの高い奪三振能力を示す。

チームのピンチを救い、勢いをつけてくれる投手です。

アジア野球の方が合っているのかもしれませんね。

ただ、ケガに悩まされ、様々な球団を移籍した経験も今季の成績の良さの土台になっているのでしょうね。

この動画を見ても打てる気がしないですよね。

韓国での成績は?評価は?

  1. 2018年防御率4.89 8勝8敗 145回 被安打161 被本塁打26 124奪三
  2. 2019年防御率2.62 17勝5敗 165回 被安打151 被本塁打2 148奪三振

2018年の成績が悪いようにみえます。

半の不調の原因は韓国の料理が合わなくて後半体重9キロ落としたそうです。
オーダーメイドの食事を球団が提供したら復活日本でやるなら専属シェフいた方がよさそうですね。

今季韓国でプレーしてその才能が一気に開花したようですね。2年目の今シーズンは28試合で17勝、防御率1.17です。

2019年は28試合にで先発していますが、被本塁打2本という驚異的な数字を残しています。与四球率の低さが目立ちます

特に左中間、右中間の膨らみが小さく、本塁打が出やすいとされる東京Dを本拠に持つ巨人において、その事実が物語る価値は大きいですね。

アンヘル・サンチェスの球種・球速は?

 

ポテンシャルは凄まじい。春先の動画を見ると155超えのストレート、140超えるスライダーとチェンジアップ、さらにパワーカーブ。

コントロールも良し。この状態ならMLBでも十分やれるレベル

ボールコントロールも、投げ方も流れるようで綺麗ですよね。しっかりと基礎を押さえているからこそできるフォームですよね。

原監督のコメント

「すごくまとまっている。トロールも、投げ方もすごくきれい。ハングリーさも持ち合わせている」

サンチェスのグローブ・グラブ

ミズノ社製のグラブを使用し登板しています。

実はこのグラブはキャンプ中に菅野から譲り受けたもの。春季教育リーグで調整登板した時も使用していたが、1軍ではあまり使用していなかった。

「プレゼントとしていただいた。普通にくれたので、プレゼントをもらったら使わないと」と話した。

サンチェスへの評判!年俸は?

今季山口鉄也投手が引退し、先発を任せられる投手を巨人は欲しがっていました。

その中でアンヘル・サンチェス投手が候補にあがったのではないでしょうか。

先発としての出場経験が多いので、立ち上がりをしっかりと決めることができるゲームメイキングのセンスも持ち合わせているようです。

中継ぎの経験もありますので、どんな局面にも柔軟に対応してくれそうですね。

チームに勢いをつけ、相手チームの勢いを止めなければいけない先発投手。

昔にもサンチェス

1986年の春季キャンプ期間中に読売ジャイアンツに入団しました(当初巨人はデーブ・スチュワートの獲得を目指していたが、トラブルから獲得を断念しており、その代わりとしての入団だった)。

クローザーとして期待通りの活躍を見せ、特に被本塁打はわずかに1本でした。

しかし、オールスターゲーム第1戦で右肘を痛めてから失速します。また、フォーム改造を巡り、投手コーチの皆川睦雄を批判、30万円の罰金を科されるなどトラブルメーカーの一面を持っていました。また、同じスパイクを履き続けた(当人はかなり足が大きく、

当時は彼の大きさに合ったスパイクが少なかった)ことにより、足白癬を発症し、その結果翌1987年は不振に陥り、クローザーの座を鹿取義隆に明け渡し、結局この年限りで退団します。

 

まとめ

他球団にとっては脅威の投手になると予想されるアンヘル・サンチェス投手です。ファンもワクワクしているのがわかりますね!

前回の167キロ投手より期待できるのではないでしょうか? バンデンハークより、マイコラスくらいになってほしいですね。

 

コメント

スポンサーリンク