【巨人】メルセデスが不調の原因:年俸、中5日、体のキレ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年から左打者を苦手にしていたのですが、今年は去年ほどの安定感がありませんね。

与四球も被本塁打も増えています。これは菅野や今永、大瀬良にもいえることではありますけど、ボールの質が悪くなっているのもあるかもしれません。

ただ、メルセデスがここまで不調に陥った原因は何なのでしょうか。

メルセデスのプロフィールは?

生年月日 1994年3月8日
身長 188 cm
体重 82 kg
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 投手
プロ入り 2017年
初出場 2018年7月10日
年俸 550万円 (2018年)

メルセデスは2018年に支配下登録

2012年から15年まで米レイズ傘下でプレーします。先発と中継ぎとしてマイナー通算53試合に登板し、6勝10敗でした。

2017年1月に年俸230万円で背番号「026」で巨人と育成選手契約をしました

メルセデスは「非常にうれしく思っております。ようやく支配下という次のステップにたどり着けたと思ってる。これからも一生懸命練習していくと共にこの決断を決めて頂いたチーム、GMに感謝の気持ちを伝えたい。ありがとうございます」と話しています。

メルセデスが不調の原因は?

体の切れがない?

体が一回り大きくなったとたため、体のキレが感じられないとのことです。

「CC(メルセデスの呼称)が来日した時から気になっていたけど、体がひと回り大きくなったよね。体にキレが感じられないし、直球も走っていない。直球が走らなければ、CC特有の打者の手元でカット気味に変化する“真っスラ”や他の変化球も生きてこない。体のキレを取り戻すために、もう一度走り込みとかをする必要があるのでは

確かに体がでかくなっているような気がします。それが直接的な原因なのかはわかりませんけどね。

中5日が原因?

5月の初旬までは好調を保っていたように思いますし、5月の中旬ごろから一気に調子を落としました。原因は中5日による疲労の蓄積との声もあります。

今では100球方とも言われそもそも6回まで持ちません。

年俸が低い?

ビヤヌエバ 2.25億

ヤングマン 1.1億

アダメス912万

でありながら、メルセデスの年俸860万が影響しているとの声もあります。

2018年は13試合に登板して5勝4敗、防御率2.05の成績であったにも関わらずです。

これは可哀想ですね。

メルセデスが来季も巨人でプレーすることになりました。喜ばしいことですが、年俸に驚愕です。メルセデスの年俸では、ベンツ買えませんね。メルセデスのプロフィールは?生年月日 1994年3月8日(24歳)身長 188 cm体重 82 kg選手情報投

メルセデスは巨人で復調させなくてはいけない

メルセデスは、本来投手の基本である、コントロールが何よりの持ち味でした。

投げた後、下半身がグラつくことなく、両足がピタッと着地する。安定したフォームが、安定した制球を生んでいると考えていました。

まとめ

メルセデスは不調でも年俸が低い。それにも関わらず多くを求めるのも可哀想な気がします。

若さもあり、自由契約にしたら他球団にとられてしまうので、巨人で復活させたいですね。

関連記事は?

こんにちは、ヨシラバーです。メルセデスが衝撃な初記録を沢山と残しています。外国人の初完封は初で、完封はマイコラスの2015年以来です。CS争いまでこのまま巨人を引っ張ってほしいですね。メルセデスのプロフィールは?生年月日 1994年3月8日
こんにちはヨシラバーです。巨人のクリストファー・クリソストモ(C・C)・メルセデス投手が、育成選手契約から支配下登録されることとなりました。 来日2年目の今季、2軍で先発として好投を続ける最速152キロ左腕です。メルセデスのプロフィールは?
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク