MENU

松坂大輔のイチローと対決動画!多い名言・苦言・説教?資産!今の球速?今後

URLをコピーする
URLをコピーしました!

松坂大輔の現在!生涯年俸総額!イチローと対決動画!多い名言・苦言・説教?資産!今の球速?

今後 18才で入団したチームが西武ライオンズです。松坂大輔が復帰・復活して西武のユニホームをみたいと考えているファンも多いと思いますがかなわず引退となりました。やはり松坂といえばイチローですね。

目次

松坂大輔のイチローと対決動画!多い名言・苦言・説教?資産!今の球速?今後

松坂大輔のプロフィール

出身地 東京都江東区

生年月日 1980年9月13日

身長体重183 cm93 kg

投球・打席 右投右打 ポジション

投手 プロ入り 1998年 ドラフト1位

初出場NPB / 1999年4月7日

年俸 8,000万円+出来高(2019年)

経歴 横浜高等学校→西武ライオンズ (1999 – 2006)→ボストン・レッドソッ クス (2007 – 2012)→ニューヨーク・メッツ (2013 – 2014)→福岡ソフトバンクホークス (2015 – 2017)→中日ドラゴンズ (2018 – )

しかし、09年はけがの影響で12先発にとどまると、以降も懸念されていた制球難が響き、不安定な投球が続いた。

11年はわずか1勝、同年限りでフリーエージェント(FA)となりました。

 

オフにはクリーブランド・インディアンスとマイナー契約も、シーズン途中で自ら契約解除を申し出て自由契約になります。

 

直後にニューヨーク・メッツとメジャー契約を結び、14年は主にリリーフとして34試合に登板したが、先発に強いこだわりを見せたこともあり、同年オフに再びFAとなった。

イチローとの名言!初対決!自信から確信に変わった

自信から確信に変わった

日本でデビューした1999年、初対決で3三振を奪った松坂がその試合後、「自信が確信に変わりました」と言ったのは有名な話だ。

イチローの100号は松坂から

イチローかっこよすぎです。

22年前、イチローが松坂大輔から“狙って100号ホームランを打った理由”「あれくらいで確信なんて早すぎるんだよ」

深い ところで 舐めてる 意味

このフレーズは2006年のWBC合宿において練習中に松坂大輔に対して言った言葉である。

ttps://youtu.be/QYtW_b-xTk0

松坂の練習態度を見てイチローが松坂に直接言った言葉であるが、これがテレビのスポーツコーナーなどで放送されたのである。

2006年の松坂というとまだ西武ライオンズに在籍しておりエースとして活躍、このWBCでも日本のエースとして期待されていた。その松坂に対してこれだけ言えるのはイチローしかいないだろう。

イチローの存在

清原よりイチローなのはわかります。

「たとえば、清原さんは真っ直ぐで抑えたいと思うバッターなんです。理由はうまく説明できないけど、真っ直ぐで勝負したくなるのが清原さんなんです。でも、イチローさんは自分が今、持っているものを全部出して抑えたい。そう思わせてくれるバッターなんです

怪我を見抜いていた

「2009年、第2回WBCに向けた宮崎合宿でのことの話です。 ある日、食事に誘ったんだけど、座敷で正座したそうです。 『足を崩せよ』と言ったら『ジジさんの前で胡坐はかけませんよ』と言ったそうです。。 そんなことを一度も言ったことがなかったから、『股関節を痛めたのか?』と聞いた。すると『いや内転筋がちょっと……』と。でも、おかしいなと思っていたんだ」 それから1年後でした。

「大輔と会った際、突然『じつはあのとき、胡坐をかけないほど股関節を痛めていたんです。見破ったのはジジさんとイチローさんだけです』と言われました。その後の野球人生につきまとった怪我が、すでに忍び寄っていたんですね」

なぜ引退!今の球速?

2021年も右手のしびれの影響から1軍、2軍とも実戦登板がないまま、7月7日にシーズン限りで現役引退を発表しました

2020年現在の球速は、最速で142キロくらいです。平均だと130キロ台後半くらいということが多いようです。

40歳でこれだけでれば十分な気もしますが、全盛期と比較するとだいぶ力が落ちていますね。

ちなみにパリーグのストレート平均は約144キロ前後と言われています。

平均よりも遅い球速で、ストレートの質についても、現在は伸びがあまりなくなっていて、打たれやすい状況となっています。

年齢的なものもありますし、これ以上速くなる可能性は低いかもしれませんね。

今後・引退後は?指導者!アメリカ

今後は心身の回復に努めるようです。

現役晩年の批判に対する思いを語った松坂は、家族に対して「感謝の気持ちと同時に申し訳なかったなって気持ちがありました」と明かしています。

 家族に引退の決断を伝えた時は「みんなしばらく泣いていた」そうで、「僕には分からない感情を妻や子どもたちは持っていたのかもしれない」と続けました。

引退後に家族と過ごす時間が増えることで、家族サービスにも意欲があるそうです。

「人間不信になったよ』と漏らしていました。屈託なく笑う奴が全然笑わなくなってしまった。スーパースターと言われていますが、純粋に野球が好きな少年のままです。野球が好きじゃなかったらとっくに辞めていたと思います。大輔は人の悪口を言わない。誰に対しても同じ態度だから、自然と人が集まってくる。メディアに色々書かれていますが、努力もしていましたよ。最後の最後までもがいていた」  

40歳での現役引退。 今後は指導者としての復帰を望む声もあるが、どのようなセカンドキャリアを描いているのだろうか。

 「うーん…わからないですけど、少し休みたいんだと思います。図太く見えますが繊細で、精神的にも疲れていると思います。指導者にならないかもしれないですね。家族のいる米国に戻って、穏やかな生活を望んでいるかもしれませんね」

しかしファンは西武へのコーチを期待しています

まとめ

高校時代に話題になった松坂投手が西武ライオンズに入団し1年目から活躍する姿には驚かされました。西武ライオンズで復活が一番の理想的な姿ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次へ
TOP
目次
閉じる