【巨人】小林誠司の高校時代は捕手をやりたくなかった!気づきを学んだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人・小林誠司捕手の高校時代はどういう生徒だったのでしょうか。

また意外な事実もわかったりします。まー、イケメンでモテモテだったのでしょうね。

小林誠司は広陵高校出身

小林誠司は、広陵高校の出身です。

高校入学時は、投手兼遊撃手としてプレーしていた小林選手ですが、1年冬から中井監督の提案で捕手に転向し、2年秋から正捕手になりました。

はじめは捕手がやりたくなかった

小林は捕手転向後、中井監督ではなくコーチにたびたび「捕手はやりたくない」と弱音を吐いたそうです。

投手に寄り添い、投手を立てる捕手としての振る舞いに可能性を感じ始めた中井監督が、「まずは死ぬ気でやってみろ。それでダメなら投手に戻すことも考える」と説得したようですね。

このとき、本人の希望どおりに投手復帰を認めていれば、現在の小林誠司は存在しなかったかもしれません。

捕手に転向後、3年の春夏と2回甲子園に出場し、春はベスト8、夏は準優勝を果たします。

打力アピールするような派手なバッターではありませんでした。

小林誠司の気づきはプロでも活きる

小林の選手としてのさらなる魅力は、ピッチャーの心境を読み、声をかけて流れを変える、小林はこれを“気づき”と表現しています。

小林は、「ピッチャーの仕草とか、今日どういう雰囲気なんだろうとか、どういう状態なんだろうっていうのを気づいてあげたい。“気づき”っていうのは、すごく大事だと思っています」

広陵高校中井哲之監督は

広陵高校(広島)時代の恩師・中井哲之監督は、当時の小林について、「言いたいことを言えない。言ったとしても声が小さい。外野の隅々まで声が届かない(選手だった)」と語っています。引っ込み思案で、ピッチャーや他の選手たちとなかなかコミュニケーションが取れなかったといいます。

引っ込み思案を克服するため

小林は高校時代、3塁側ベンチの上に立って延々と声を出す練習をしていたといいます。そしてその練習は、1時間にも2時間にも及んだそうだ。

こんなイケメンが延々と声をだす練習をしていたら女性の生徒は何をおもったのでしょうか。イケメンも大変ですね。

お礼の言葉も練習に含める

「『1アウト!』とか『ゲッツー!』とか『しまっていこうぜ!』とか野球のことだったり、『ありがとうございます!』とか日ごろ大事にしている言葉や挨拶まで、まあ様々な声を大きな声で言っていました

いろんな言葉を、腹の底から大きな声で、いろんなことを考えながら出したんだと思います。(そういう練習を)誠司ほどやった子はいないですね。

小林の高校時代のホームランはなんと一本!ただ、劇的なホームラン

小林誠司選手の広陵高校時代の打順は9番と下位打線を打っていました。

捕手という重要なポジションに集中するあまり、守備への意識の方がどうしても強くなってしまうようです。

もともと、打力アピールするような派手なバッターではなく、広角に打ち分けられる好打者タイプです。

そして、公式戦での高校通算本塁打は1本です。本塁打が決勝点となり、甲子園出場を決めたのです!

ただですよ、ジャイアンツのOBであった小笠原同大選手も捕手であり、高校生時代ホームランゼロでした。

小笠原選手の努力は並大抵のものではなかったと思いますが、小林だって笑顔の裏では負けず嫌いで結構練習しているのかもしれません。

野村祐輔と小林誠司は伝説のバッテリー

小林誠司と同じ歳で、広陵高校時代は準優勝(優勝校は佐賀北)。あの伝説の試合でバッテリーを勤めていました。愛称はノムスケです。

小林誠司と野村祐輔の広陵バッテリーのイベントが開催されました。さすが元生命保険会社勤務!個人的に社会貢献を行うのでしょうか?小学生限定イベントということで大きいお友達は参加できませんが、テレビ中継があるような記述です。根強い人気の「ノムコバ

まとめ

個人的には小林には守備を期待していますので、バッティングに専念しないでよいとおもっています。広陵の中井監督も高橋由伸も小林の努力を認めています。

甘い顔をしていますが、人一倍負けず嫌いなのかもしれません。この努力があればいずれは小林も正捕手として復活するのではないでしょうか。

スガコパの記事はこちら!

小林誠司のイケメンぶりは”コバアン”と言われるアンチも認めるほど。広陵-同志社-日本生命の野球エリートで、強肩、性格イケメンで●ッティング以外は欠点はないのではないかと言われていますが、私服はどうなのでしょうか。最近は誰かの影響か趣味が変わ
こんにちは、yoshiloverです。巨人・小林誠司捕手の高校時代はどういう生徒だったのでしょうか。また意外な事実もわかったりします。まー、イケメンでモテモテだったのでしょうね。スガコパの記事はこちら!WBCでの小林誠司の活躍!!オールスタ
小林誠司と菅野智之の2人”スガコバ”がジャイアンツ女子を中心に大人気ですね。オフィシャルグッズも発売されています。小林誠司が球界屈指のイケメンが故に「顔人気だろ・・」と誤解されてしまいがちですが、人気の秘訣を探ってみるとどうやらまた違った理
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク