スポンサーリンク

小林誠司はなぜ捕手・キャッチャーになったの!ピッチャーやショートだった!

小林誠司選手はなぜキャッチャーになったのでしょうか。なんと広陵高校入団時はの遊撃手だったようです。守備はそこからうまかったんですね。

広陵高校の中井 哲之監督の発言ですと、なんとキャッチャーが手薄だったからだそうです。

小林の学年のキャッチャー陣が手薄だったことが響いた敗戦だったので、帰りのバスの中で、「この学年のキャッチャー、なんとかしないとなぁ」と思い、考えを巡らしていたんです「おまえ今日からキャッチャーやれ」と。すぐに「はい」と返ってきたので「お、やる気あるんだ」と思いました

YouTubeやってます。登録嬉しいです。

小林誠司はなぜ捕手・キャッチャーになった:ピッチャーを目指してた

小林誠司はピッチャーも狙っていたが広島の野村のライバル!ショートも!

冒頭でショートを目指していたから、守備がうまかったとはなしましたが、ピッチャーを目指していたようです。

中3当時のスピードは125キロだったそうです。

「中学でピッチャーの楽しさに目覚め、高校でもピッチャー志望。野村を完全にライバル視していました」ようです。

小林誠司は広陵高校で歴代で並レベルのキャッチャになれると広陵高校の中井 哲之監督

広陵高校の中井 哲之監督

肩が強かったことと体に柔らかさがあったこと。そして気配りができそうな心の優しさを感じたことですね。体の強さはまだ備わっていませんでしたが、捕手としての練習を続ける中で筋力と俊敏性がついてくれば、歴代の広陵のキャッチャーの中でも「並」レベルにはなれるのではないかと。

広陵高校の中井 哲之監督は、野球選手として誠司を生かすという観点でみても、ピッチャー、ショートよりは、キャッチャーのほうがいいのではないかという予感があったようです。

また、仮にキャッチャーとしてものにならなくても、ピッチャー、ショートにはいつでも戻れる。

それならば、キャッチャーに挑戦したことで得る経験の方が、誠司にとってプラスに作用するという思いもありました。

参照元:高校野球ドットコム

小林誠司は最初キャッチャーが嫌でしかたなかった

最初のうちはボールが怖くて仕方がなかったらしく、コーチが「どうだキャッチャーは」と声をかけた際には「マスクをつけても目をつむってしまいます。怖いです」「ほんとはキャッチャー嫌なんです」と言っていたそうなんです。

引っ込み思案だったのもありますが、それを克服してキャッチャーとなったようです。

小林誠司が引っ込み思案を克服するため

小林は高校時代、3塁側ベンチの上に立って延々と声を出す練習をしていたといいます。そしてその練習は、1時間にも2時間にも及んだそうだ。

中井監督はこの地道な練習があるのでした。

「『1アウト!』とか『ゲッツー!』とか『しまっていこうぜ!』とか野球のことだったり、『ありがとうございます!』とか日ごろ大事にしている言葉や挨拶まで、まあ様々な声を大きな声で言っていました。いろんな言葉を、腹の底から大きな声で、いろんなことを考えながら出したんだと思います。(そういう練習を)誠司ほどやった子はいないですね。」

まとめ

小林誠司からは頑張れば成功するを教えてもらえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント