スポンサーリンク



スポンサーリンク

小林誠司はなぜ捕手・キャッチャーになったの?体重・筋肉がすごいから?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジャイアンツ

小林誠司選手はなぜキャッチャーになったのでしょうか。なんと広陵高校入団時はの遊撃手だったようです。守備はそこからうまかったんですね。

広陵高校の中井 哲之監督の発言ですと、なんとキャッチャーが手薄だったからだそうです。

小林の学年のキャッチャー陣が手薄だったことが響いた敗戦だったので、帰りのバスの中で、「この学年のキャッチャー、なんとかしないとなぁ」と思い、考えを巡らしていたんです「おまえ今日からキャッチャーやれ」と。すぐに「はい」と返ってきたので「お、やる気あるんだ」と思いました

スポンサーリンク

小林誠司はなぜ捕手・キャッチャーになった:ピッチャーを目指してた

小林誠司はピッチャーも狙っていたが広島の野村のライバル!ショートも!

冒頭でショートを目指していたから、守備がうまかったとはなしましたが、ピッチャーを目指していたようです。

中3当時のスピードは125キロだったそうです。

「中学でピッチャーの楽しさに目覚め、高校でもピッチャー志望。野村を完全にライバル視していました」ようです。

小林誠司は広陵高校で歴代で並レベルのキャッチャになれると広陵高校の中井 哲之監督

広陵高校の中井 哲之監督

肩が強かったことと体に柔らかさがあったこと。そして気配りができそうな心の優しさを感じたことですね。体の強さはまだ備わっていませんでしたが、捕手としての練習を続ける中で筋力と俊敏性がついてくれば、歴代の広陵のキャッチャーの中でも「並」レベルにはなれるのではないかと。

 

広陵高校の中井 哲之監督は、野球選手として誠司を生かすという観点でみても、ピッチャー、ショートよりは、キャッチャーのほうがいいのではないかという予感があったようです。

また、仮にキャッチャーとしてものにならなくても、ピッチャー、ショートにはいつでも戻れる。

それならば、キャッチャーに挑戦したことで得る経験の方が、誠司にとってプラスに作用するという思いもありました。

参照元:高校野球ドットコム

 

小林誠司は最初キャッチャーが嫌でしかたなかった

最初のうちはボールが怖くて仕方がなかったらしく、コーチが「どうだキャッチャーは」と声をかけた際には「マスクをつけても目をつむってしまいます。怖いです」「ほんとはキャッチャー嫌なんです」と言っていたそうなんです。

引っ込み思案だったのもありますが、それを克服してキャッチャーとなったようです。

 

小林誠司が引っ込み思案を克服するため

小林は高校時代、3塁側ベンチの上に立って延々と声を出す練習をしていたといいます。そしてその練習は、1時間にも2時間にも及んだそうだ。

中井監督はこの地道な練習があるのでした。

「『1アウト!』とか『ゲッツー!』とか『しまっていこうぜ!』とか野球のことだったり、『ありがとうございます!』とか日ごろ大事にしている言葉や挨拶まで、まあ様々な声を大きな声で言っていました。いろんな言葉を、腹の底から大きな声で、いろんなことを考えながら出したんだと思います。(そういう練習を)誠司ほどやった子はいないですね。」

小林誠司の体重・筋肉の増減の歴史

しかし、体重の増加は小林にとって喜ばしい事であります。

2014年

2014年は体力のなさが指摘されたり、阿部に「もっと太ったほうがいい」と助言されたこともあり肉体改造に乗り出すことを決断していました。食事量を増やし、徹底的に筋力トレーニングで鍛え上げると発言。

「85キロは欲しいけど、まずは80キロ。計画を立ててやる」

 

2016年

雑誌のインタビューで体型がコンプレックスと語る。

「(自慢できる体のパーツは?)ないです。マジでないんです。体の線が細いって言われるから、今、がんばって鍛えているところなので…」(2016年6月 Hanako)

スポンサーリンク

2017年

WBC大会期間中に体重も激減したとインタビューに答える。

「7~8kgですかね。正直試合に出られるとは思ってもいなかったので。ただ、出たときに何かの役に立てるようにと、体の準備、心の準備をして本番をシミュレーションしながら合宿を過ごしていました。」

池上 せん on Twitter
“最後に待つファンに、サインできなくてごめんなさい という感じで手を挙げて去っていかれた 小林誠司選手 追っかけていたわけでないけれど、 キャンプのほとんどのフォトジェニックは 小林誠司選手でした。 WBC ご健闘をお祈りします(^人^) #ジャイアンツ #那覇キャンプ #giants #kyojin #小林誠司 ...

巨人・小林誠司インタビュー 勝利こそ、すべて 「“ここ”というポイントで、必ず勝てる捕手でありたい」 | 野球コラム - 週刊ベースボールONLINE
この春、日本中の注目を集めた男だ。3月に開催された第4回WBCで、侍ジャパンの正捕手を務めて一躍脚光を浴びる。まだ巨人でもポジションの保証がない状況だったが、初めて…。野球専門誌「週刊ベースボール」がプロ野球・高校野球・大学野球・社会人野球・ドラフト注目選手の最新情報をお届けします。

 

2017年

遠征先の静岡でも筋トレに勤しむ姿がキャッチされていました。

APTSの凄さを体験し、普段のトレーニングでは鍛えられない筋肉の刺激にとても最初は驚いていましたがさすがプロ野球選手!!慣れてくるとAPTSの刺激にも対応しトレーニングをしていって下さいました(o^^o)

https://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000368895/blog/bidA015406345.html
スポンサーリンク

2017年

当時の伊藤博トレーニングコーチが、小林を強化指定選手に指名。

「彼(小林)は捕手として素晴らしい能力を持っている。ただ、走りと打力はまだ改善の余地があるので、少しでも寄与するフィジカルトレーニングを考えたい」

ㅇㅅㅇ(コロナ激務&外出禁止で📷お休み中) on Twitter
“喉仏丸見え。 さりげなくムキムキしてる腕の筋肉もまた良し。 #小林誠司”
巨人・小林、鍛えマッスル!伊藤博トレーニングコーチが強化指定
 巨人・小林誠司捕手(28)が今オフ、高速スイングを目指した筋トレに取り組むことが12日、分かった。伊藤博トレーニングコーチ(51)が強化指定に挙げた。

2019年

2019年の自主トレで筋肉量を増やし、普段着用しているスーツが入らないハプニングが発生。

イケメンながら「全く自分はオシャレじゃない。なんでもいいっしょ」と洋服などには無頓着な男。事前に、この日に着るスーツをチェックするワケもなかった。それでハプニングは起こった。クローゼットから出したスーツのズボンに足を入れた瞬間に、焦った。「入らへん」。無理やり足を入れて、ジャケットを羽織った。ズボンの折り目は、伸びて広がり、ジャケットのボタンは今にも飛びそうだった。「パンパン」。鏡に映る自分のスーツ姿に苦笑いしながらも、トレーニングの成果を実感した。増えた体重2㌔は、体のたくましさに変わっていた。

 

 

まとめ

小林誠司からは頑張れば成功するを教えてもらえます。

 

コメント

  1. […] […]

スポンサーリンク