【巨人】亀井善行がかっこいいと人気の理由は何:ファンサービスや勝負強さ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

亀井義行がジャイアンツファンに愛されてますよね。穏やかなトーク、見た目のスマートさ、良い人オーラから巨人ファンからも性格が良い、かっこいいと人気が高く、愛されているベテランの亀井選手です。

顔が特別かっこいいわけでもなく、ものすごく活躍するわけではないが、なぜか根強いファンがいます。そんな選手が球団に1人はいて、その最たる例として巨人・亀井ですね。

35歳というベテランであり、スター選手という扱いではないが、2017年のサヨナラホームランのお立ち台でよりファンを増やした感があります。

亀井善行のプロフィールは?

出身地 奈良県大和郡山市
生年月日 1982年7月28日
身長 178 cm
体重 82 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手、内野手
プロ入り 2004年 ドラフト4巡目
初出場 2005年7月9日

なぜ亀井義行はかっこいいのか?

亀井義行はなぜ魅力的なのでしょうか。顔では小林誠司や坂本勇人のほうがかっこいいとは思いますが、球場に行くと女性ファンの亀井義行ユニホームが目立ちますよね。

愛すべきキャラ

キャラ先行で一般認知度が高いケースは稀だが、「愛すべきキャラ」として盤石の地位を築いておりmさう。選手は一定数おり、玄人女子が行き着く沼として機能しています。

それが亀井義行です。

また、大人なのに涙のサヨナラホームランを打っちゃうあたりが、野球好きの女の子の心をとらえるのでしょうか。

ファンサービスがよい

亀井善行はとにかくファンサービスが良いと評判ですね。関西人の血が騒ぐのでしょうか。

巨人軍のベテランの亀井善行(亀井義行)の人気がすさまじいですね。月刊ジャイアンツでは次号の付録に「亀井善行クリアファイル」がつくらしいですね。ファンや原辰徳前監督がこよなく愛する男は何が魅力なのでしょうか。実力はもちろん性格や体型も魅力とい

走攻守の水準が高い

野球における全ての能力が平均以上のものを持っているのが亀井善行です。

打撃に優れているけど、守備や走塁が微妙だったり、足がものすごい速いけど長打力に欠けるといった選手はよくいます。

多くの選手は状況が変われば、守備固めや代打で変えられてしまうケースはよくあります。

しかし、亀井善行選手は走攻守全てにおいて、平均以上のスペックを持っているのでどんな状況でも変える必要性があまりないのです。

指揮陣からすれば、これほど使い勝手の良いバランスが整った選手は他にいないでしょう。

いつでも使われる理由はここにあります。

とにかく勝負に強い

特にチャンスに強いバッティングをするので、個人の成績が目立たなくても、亀井善行選手のバッティングはチームの勝利には大きく貢献しているのです。

さらにサヨナラホームランも6本放っており、この記録は球団歴代4位となっています。

亀井善行選手の勝負強さがどれだけすごい事かお分かりいただけると思います。

まとめ

亀井の人気の理由は以下の点ですね。

愛すべきキャラ

ファンサービスがよい

とにかく勝負に強い

走攻守の水準が高い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク