原辰徳・巨人の人的補償は悪なのか?長野・内海!よくわからんけど終身雇用?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
原辰徳が人的補償の撤廃を発言し、波紋を呼んでいます。
一部のメディア、そしてそれに釣られたか一部のファンが未だに「補強=悪」「移籍=悪」「FA制度=悪」「お金を使う=悪」「金満=悪」と言うステレオタイプな記事書いたり主張しています。
 そもそもそう言うあなたは定年まで今の会社で働き続ける気があるのかと思います。
未だに昭和のように終身雇用礼賛なのでしょうか。

人的補償とは?原辰徳は?人的補償について?長野や内海

人的補償とは、日本プロ野球においてフリーエージェント(FA)による移籍選手の補償として、移籍金の代わりに選手を獲得することである。

原辰徳は?人的補償について?長野や内海

「なんのメリットもない。プロテクトは28人しかいない。これは、なくす必要ありますよ。暗いニュースになる。FAっていうのは明るいこと。それを暗いニュースにさせてしまう」
「ルールをどうやって決めたかって分からないけど、もっとフェアなルールにしなきゃダメですよ。人的補償という犠牲者みたいな名前も悪い
とコメントし話題となっています。
昨オフ、広島から丸、西武から炭谷をFAで補強しました。
 一方で人的補償で長野、内海の放出を余儀なくされました。
 もちろん、リスクなきメリットはない。だが、人的補償のネーミング、制度そのものは現代社会の感覚とは合致しているとは言い難いですね。

世界でのプロスポーツの移籍は?奴隷契約!

世界のプロスポーツで移籍の自由があるのは今や当然のこと。
日本のFA制度も中畑選手会長、原会長が長年苦労して勝ち取った選手の権利です。
移籍の自由の無い時代、一度契約すると選手には引退する自由しかなく「奴隷契約」とまで言われていましたからね。

補強も育成も大切

補強も育成もチーム強化に不可欠です。
 なのにお金をかけて強化することを否定するのは「商売=卑しい」と考える古い儒教的精神でしかないと思うが。
巨人はカネだけかけて育成しない」なんて記事書く人は、とても巨人を見ているとは思えないです。

巨人は育成に力を入れいる!金満はホークスです

巨人軍こそ一番育成に力を入れていると思うが。近い将来二軍専用球場東京ジャイアンツタウンもオープンするし。
「金満」=悪、と言いたいのかもしれないが、今や一番の金満はホークス。年商300億円。巨人軍は260億円。

広島お金があるのに使わないケチ球団

 かつて「貧乏」を売りにしていた広島、横浜も今年は200億円越える見込みです。
 今や金満球団の広島が補強に力入れないのは怠慢でしかないと思う
 不人気球団と言われるオリックス、市場規模が小さい楽天も、親会社が使ってる広告宣伝費は読売新聞社の比ではない。「本気」ならいくらでも補強できるはず。実際楽天はイニエスタ獲得に30億円も使ってるのだし。

お金を使わないと球団は活性化しない

各球団がけちらないで投資しないと球界は活性化しない。今や日本のプロ野球のGDPは欧州サッカーや北米4大スポーツに大きく水を空けられているのだから。
私は巨人軍と契約してくれた選手は、生え抜きだろうが移籍組だろうが関係なく応援したす。

まとめ

外様」などと差別用語使ってほしくありません。球団も一部の偏屈な人に遠慮などせず、的確な補強をお願いしたいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク