石川慎吾の身長体重は並だがホームランを打つ秘訣はチーズバーガーや丸佳浩!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石川慎吾も体重が増えていることが判明しました。

ダイナマイト慎吾と言われる打撃に魅力がありますが、筋肉増で2019は活躍しています。

石川慎吾とは?

ダイナマイト慎吾の由来はSMAPの香取慎吾と打撃のダイナマイトさから。

小学5年時に参加した野球教室で講師役を務めた巨人時代の清原和博から、「お前、ええ筋肉しとるな」と小学生離れした肉体を絶賛されるほどの天性の筋力とフルスイングが持ち味です。

出身地 大阪府堺市中区
生年月日 1993年4月27日
身長体重 178 cm 80 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2011年 ドラフト3位
初出場 2013年8月22日
年俸 2,100万円(2019年)
経歴 東大阪大学柏原高等学校→北海道日本ハムファイターズ→読売ジャイアンツ

体重が5kg増える

2017年ですが、体重が落ちるまでは成績も良く、またスタメン出場機会も多く巨人打線の中核を担っていたわけだが夏バテから体重が落ち、その影響からかパワーまでもが落ちスタメン出場機会も激減しあまりの激やせぶりに周りのチームメイトから心配されていたといいます。

西川遥輝と肉体改造

今期の自主トレでは、日ハムの西川遥輝とともに肉体改造に取り組む。

今オフはウェートトレなどで肉体改造に励み、約5キロ分の筋肉量を増加。練習で意識してきたことは。「体を休めずに動かすっていうのをテーマにやっていた。あまり打球とか気にせずに、打撃の形を意識した。形がよければ打球もいいところへいく」

激やせの過去も

2017年は急激に体重が減り、休日にチーズバーガーを食べまくることも。

体重を戻そうと大胆な方法に打って出た。交流戦明けの4日間の休日でチーズバーガーを食べまくった。 「(数は)覚えてないし数えてない。休日はずっと毎日食べた」。増量法の効果もあり体重も戻った。 (2017年7月31日 スポーツ報知)

丸佳浩のミケランジェロに刺激?

同じ外野手の丸佳浩も筋肉を鍛えており、その影響でウェイトトレーニングに励む主力選手が増えたらしい。なおソースは()

G主力たちを驚かせているのは丸のマッチョボディだという。「それほど大きくない体格ですが、アンダーシャツを脱ぐとアンバランスとも思えるような筋骨隆々の肉体美で、チーム内からは『まるでミケランジェロのようだ』と驚嘆の声が沸き起こっているんです。丸に刺激されて『自分たちも鍛え上げなきゃいけない』というムードで、空いた時間を使ってウェイトトレーニングに励む選手が増えています」(某主力選手)

まとめ

普段は自分のことをあまり話さない石川。内に秘めた闘志があるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク