巨人・井上温大のドラフト評価:球種・球速は?高校時代や幼少・少年時代を紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

井上温大が巨人からのドラフト4位指名をうけました。1メートル75と決して大柄ではないが、フォームのバランスなど安定感は抜群の左腕です。

評判や評価・球種・球速はどうだったのでしょうか。

井上温大(いのうえ・はると)のプロフィールは?

年(平13)5月13日生

群馬県前橋市出身

1メートル75、70キロ

左投げ左打ち。

憧れは同じ左腕のソフトバンク・工藤公康監督で、現役時代の映像を見るなどして研究している。

井上投手がプロを志したのは、野球を始めた小学1年生の頃。「やるからにはプロに」と心に決めていた。

幼少時代は?

3歳年上の兄の影響で小学校1年生から岩神リトルファイターズで野球を始めた井上は、入団当初から投手としてマウンドを経験していました。
当時は「それほど球は速くなかった」と振り返る井上だが、小学校3年生頃からは本格的に投手を任されるようになり、卒業後に進んだ前橋市立大胡中学でも3年間投手として活躍しました。

「中学時代はストレートとカーブを投げていて、カーブでカウントを整えてストレートで打ち取るピッチングでした。1回戦で敗れましたが、3年春には県大会に出場できました」

中学2年頃から投球フォームの綺麗さを自覚し始めたことを明かし、フォームで意思しているポイントについても、特に難しいことは考えいないと語ります。

 「小学校の頃からフォームが綺麗とは指導者に言われていましたが、中学2年頃からチームメイトや相手チームの監督から言っていただけるようになり、自信を持てるようになりました。
 フォームで意識しているのも、一本足で立ってからヒップファーストでいくイメージを持ってるくらいです」

井上温大の高校時代は?

公立の伝統校・前橋商を選んだのは「自分の力で強豪私立を倒したいと思ったから」という。

群馬大会では全6試合に登板。関東学園大付との準決勝では延長12回を投げきって13奪三振と、キレ味満点のボールで三振を奪う能力も高い。

今夏の群馬大会は決勝までの6試合に登板し、計50回と3分の1を投げ、45の三振を奪った。

本格派左腕エースとして今夏の全国高校野球選手権県大会で活躍し、前橋商の準優勝に貢献した。惜しくも甲子園出場はならなかった

週4回、野球部のグラウンドで約50球の投球練習を続けている。約100メートルの遠投を増やしたことで、球速は大会時から2キロ上がり146キロに達したそうです。

井上温大が巨人からドラフト指名

コメントは?

「4位で選ばれるとは思っていなかった。巨人は伝統あるチームで選手層も厚い。食らいついていけるようにしたい」

「4位で巨人に選ばれ、びっくりしている。待っている間は不安でドキドキしていたけれど、もっと下の順位で指名されると思っていた

父は?

「正直驚いている。私たちの世代にとって巨人は憧れの球団。ゆっくりと喜びがこみ上げてきた」

目標は菅野智之

「(エースの)菅野投手を目標に、勝てるピッチャーになりたい。スライダーを軸にチェンジアップなど落ちる球も磨いていきたい」

井上温大の評判や球種・球速は?

最速154キロの速球のほかフォークボール、スライダーを武器に「1週間に2千球投げた」と自ら胸を張るタフさが持ち味です。崩れないスタミナと、しなやかなフォームから放たれる直球が武器です。本格派左腕として脚光を浴びています。

まとめ

左ピッチャーということもあり、杉内コーチに期待したいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク