【巨人】小林誠司のドヤ顔、ガッツポーズは「どやばやし」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小林誠司が先日の試合でガッツポーズを決めていました。普段はネガティブなのに、グラウンド上では別人になる事は周知の事実ですが、ギャップに驚きますよね。

いたずらばやし、おこばやしに次いで「どやばやし」が人気です。

小林誠司のプロフィール

誰にでも優しい

出身地 大阪府堺市南区
生年月日 1989年6月7日(30歳)
身長体重 178 cm 85 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年3月28日
年俸 6,000万円(2019年)
経歴 広陵高等学校→同志社大学→日本生命→読売ジャイアンツ (2014 – )

どやばやしとは?発動シーンは?

どやばやしというのはドヤ顔をする小林の事なのですが、たまにしか見られません。

・自慢の強肩で盗塁を指す(最近は盗塁されない&マスクで見えねえ)
・ヒットを打つ
・ホームランを打つ

そして最近ガッツポーズが増えました。ヒットが増えたからなんですかね。

原監督はホームランを放ったどやばやしに対してこう発言しています。

「あの、もう200本ぐらい打っているような感じのね、打ったあとのしぐさでしたけど。あれはちょっと余計だった(笑い)。しかし見事なホームランでした」

なぜ別人なのか?漫画のキャラクター感

何故グランド上でこうもキャラが違うのか。既視感があると思ったら漫画の変身キャラ感があります。

普段はポンコツキャラなのに仮面をかぶる(外す)とキャラが変わるキャラクターといえばこれ。

セーラームーンの月野うさぎ
パーマンの諏訪ミツ夫
ドラゴンボールの孫悟飯
クレヨンしんちゃんの上尾先生
ドラえもんの劇場版のびた

まとめ

2019年8月14日の試合では、同志社時代の小林キャプテンを思わせる頼もしい発言がありました。どやばやし、楽しみにしています。

「打ててよかったです。僕より(菅野の)状態が上がってきているので。“捕手が一丸”となってよりいっそう頑張りたい」(2019年8月14日 スポーツ報知 広島戦)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク