スポンサーリンク



スポンサーリンク

坂本勇人の努力!利き手が左利きは田中将大の幼少期が関係!同期はポテンシャルより練習を確認!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジャイアンツ

内角打ちと守備の名手、坂本勇人はやはり練習を鬼のようにこなしていました。

野球に関してほんとに真剣で一生懸命で影で努力し続ける坂本勇人です。

 40歳までなんて言わずにいけるとこまで頑張ってほしいとおもいます。

スポンサーリンク

坂本勇人の努力!利き手が左利きは田中将大の幼少期が関係!同期はポテンシャルより練習を確認!

努力の天才。

出身地 兵庫県伊丹市 生年月日 1988年12月14日 身長 186 cm 体重 83 kg 投球・打席 右投右打(左利き) ポジション 遊撃手、一塁手、二塁手 プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目 初出場 2007年7月12日

 

原監督が語った坂本勇人の努力は?

坂本勇人は規定より2年早い3年目のオフに、寮から出たそうです。ただ、球団の代表や社長は猛反対だったようでえすね。

原(辰徳)監督に『アイツはもう立派に大人です。もう寮は必要ない』と話して、出すことに決めた」との話があったとのことです。

常に「ヤンチャ」のレッテルを貼られていた坂本だが、誰よりも強いプロ意識を持っていたようです。

「勇人はとにかく吸収が早い。何でも一言指摘しただけで、あっという間に修正してしまう。入寮時にはすぐに散らかっていた部屋も、いつの間にか綺麗に保たれるようになった」

坂本勇人の同期が語るポテンシャルより努力・練習

2006年のドラフト同期入団の松本哲也コーチらが坂本勇人の秘密を語りました。報知さんありがとうございます!!

【巨人】目指せ坂本勇人!出て来い高卒スター…スピード出世の秘密同期入団トリオが教えます
 巨人の新人選手たちに、スピード出世の秘密が明かされた。近年、入団から時間をかけずにブレイクした筆頭といえば、現在主将を務める坂本勇。同じ06年ドラフトで入団した松本哲也ファーム外野守備走塁コーチ(3

松本哲也コーチ「基礎体力がすごい」

松本コーチはこう語る。

「高校から入団してきたのに、体力がすごかった。大学から入った選手と比べても互角以上。ものすごい量の練習をこなすことができた」

隠善智也さん「勇人はこそこそ練習」

あれ、隠善智也は広報でしたよね?

「僕は隠れて練習したいタイプだったんですが、寮の地下(打撃練習場)ではよく勇人にバッタリ会いました」と証言

大抜打撃投手「手がボロボロ」

手のボロボロさは練習をこなしていたということですね。

「キャンプは野手の練習がすごく長くて、勇人の手はボロボロ。」

利き手が左利き!幼少期の田中将大が影響

成績以外にも“非凡”なエピソードがある。右投げ右打ちだが、箸もペンも左手で持つ「左利き」なのです。

“左利きの右投げ右打ち”が誕生したきっかけを、坂本が少年時代に所属した「昆陽里(こやのさと)タイガース」(兵庫・伊丹)の山崎三孝監督は、

「小学校1年生で入団した時に5つ上のお兄さんのお下がりだった右利き用グラブを使ったためか、坂本君は(兄と同じ)右投げ右打ちで野球を覚えた」

一時は、山崎監督の勧めでスイッチヒッターに挑戦したこともあった。

だが、当時チームメイトだった田中将大(30、現ヤンキース)と打球の飛距離を競い合う中で、左打ちではかなわないと感じて右打者に専念したといいます。

「飲んでも練習」

どんなにきつい練習をした後も坂本は夜のに繰り出し、翌日に持ち越さないそうです(東スポ)基礎体力が違うのでしょうか?

「そういえば坂本さんは、こういうキツい練習をした後でも必ず(タクシーで片道約30分かかる宮崎市内の)街まで飲みに行っていた。しかもどんなに飲んでも、次の日の練習はきっちりとこなす」

巨人の過酷キャンプが坂本の株上げた – 東京スポーツ新聞社
 巨人の宮崎秋季キャンプで、なぜか坂本勇人内野手(28)の株が急上昇している。  若手の底上げを図る由伸監督は1日のキャンプ初日から9時間半の猛練習を課し、まずは山本が足をつり、グラウンドをのたうち回...

昆陽里タイガース監督らの証言!幼少期の練習

田中将大も所属した小学校の野球チーム監督もこう語っています。 https://number.bunshun.jp/articles/-/12299?page=3

5歳から壁当て

兄の影響で野球を始めた勇人少年。

「毎日飽きもせず壁当てをしていましたね。最初は左投げだったんです。5歳になった頃ですね、急に右で投げ始めて……」

伊丹シニア監督の証言も

練習に手を抜いていたという坂本勇人ですが、才能は抜きん出ていたようで他の人より器用にこなしていたそうです。

打撃練習が大好きだった

それでも打撃練習は大好きで練習を休んだことは一度もないそうです。

打撃練習だけは大好きで、毎日、30分は早く来て、黙々とティー打撃をしていた。さらに、少年野球のときと同様、ケガや病気で練習を休んだことは一度もないという。「ホンマに野球が大好きやったな」

 

まとめ

努力を見せなくても、見ている人は見ているのですね!キャプテンの胴上げを見てみたい!

 

コメント

スポンサーリンク