【巨人】デラコバとは?小林誠司・デラロサの関係!笑顔が理由?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クローザーのデラロサで日本シリーズの切符を手に入れました。

リーグ優勝決めた時もCS突破決めた時もデラコバこれも縁ですね。

優勝後の小林誠司との距離感の近さに各スポーツ紙のカメラマンが良いシーンを取るために撮影合戦になっています。巨人のエース2人がざわついているはず。

小林が外国人選手に好かれる理由は笑顔にありました。

話題となった日本シリーズの切符を手にしたシーン

デラロサと小林誠司

デラロサのプロフィール

小林誠司よりは学年が一個上。坂本勇人と同い年。

国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 1989年3月4日(30歳)
身長 183 cm
体重 95 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 アマチュア・フリーエージェントとしてロサンゼルス・ドジャースと契約
初出場 MLB / 2011年5月24日
NPB / 2019年7月15日
年俸 3,000万円(2019年)

小林誠司

笠原ちゃんねるで小林の名前が出ました。何かと話題の選手です。人気はもしかしてジャイアンツでNo.2だったり。一位は坂本勇人。

出身地 大阪府堺市南区
生年月日 1989年6月7日
身長体重 178 cm 83 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年3月28日
年俸 6,000万円(2019年)
経歴 広陵高等学校→同志社大学→日本生命→読売ジャイアンツ (2014 – )

「デラコバ」か?

2人のバッテリーの名前はどうなるのか?

デラコバとなりそうですね。余談ですが、「クッコバ」も好きでしたがどうなったのでしょう。

何かと近いデラロサ・小林誠司

デラロサって顔が正直見た目だけだと怖いイメージがありますが、小林誠司の前だとなぜが笑顔笑顔笑顔。これは凄い能力ですよね。

菅野智之・山口俊が嫉妬してしまいそうです。

菅野「火をつけたのは誠司」でノーヒットノーラン?

プロスピの実況動画で「火をつけたのは誠司」という名言を生み出した菅野智之。デラロサに嫉妬してしまうフラグか?野は怪我をしているのですが、嫉妬により早めに治りそう。それで効果があるのなら嬉しいですね。デラコバ効果です。

そして、菅野はデラロサに繋げないために日本シリーズで完封をする可能性があります。

そして山口俊も負けずに完封をする。巨人にとってはこれで2勝です。なんどもデラコバ効果すげえー。

デラロサに嫉妬するだけでこんなに投手陣が頑張るなんて。

なぜ小林の笑顔は外国人に好かれる

なぜ小林は外国人に好かれるのか?

以下の通り、小林は難しい英語は話せません。

読者「外国人選手とのコミュニケーションはどうやって取るんですか?
小林「とても勉強熱心な選手たちなので、彼らはみんな日本語がうまいんですよ。僕はあまり頭が良くないので、わかりやすい簡単な単語を並べる程度で・・・(笑) 外国人選手のほうが、すごく勉強しているなと思いますね。あと、難しいことは、通訳さんがいるんで(笑)
(2019年3月1日 プロ野球ai 小林誠司インタビュー)

なので、バーバルコミュニケーションではなく非言語コミュニケーションで心を鷲掴みにしているのでしょう。おそらくこの小林の屈託のない笑顔が外国人選手を虜にしている理由です。

まとめ

小林は誰に対しても笑顔で、スキンシップを取ったりしています。人によっては距離が近すぎと思う人もいるかもしれませんが、外国人選手にとってはこのぐらいオーバーなほうが良いのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク