長野久義がなぜ天才・凄いと言わるのか?打撃面や守備面で考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラフトで他球団を2度蹴ってまで巨人に入りたかった長野久義です。

この熱意でルーキーから一軍で活躍するし、天才的な右打ちがファンの心にいまだに焼き付いています。

広島カープにいってしまっても長野の凄さ・天才を伝えたいと思います。

長野久義のプロフィールは?

1年目新人王2年目首位打者3年目最多安打と結果でアンチを黙らせた天才です。

出身:佐賀県三養基郡基山町

誕生日:1984/12/6

身長:180cm

体重:85kg

プロ入り:2009年(ドラフト1位)

初出場:2010/3/26

出身:筑陽学園高等学校

出身大学:日本大学

出身:Honda

野村克也は天才としか言えない

長野久義を天才といいます。コメントは以下の通り。

長野選手は「来た球を打つだけ」と分析しています。

普通なら、ピッチャーが投げてくる球種や配球を読んで、球を絞るところですが、長野選手は投げたボールに全て食らいつくといったスタイルのようです。

考えないでセンスに任せたバッティングをする辺りが天才と呼ばれる理由の一つですね。

「天才としか言えない」

「積極性を勘違いしている」

「いい素質を持っているだけに、どうもイライラするこの人のやってる事を見ると」

「ただ根拠も何もない。ストレートを超積極的に打っていく、そういう風にしか感じない」

「来た球を打つだけ。読む・絞るないんだ」

阿部慎之助が天才と話す

「俺が見てきた後輩の中で一番、練習をしなかったけど、一番、天才型だった」と、ユーモアを交えて才能を絶賛しています。

練習をしないのかいといわれることもありましたがね。。

長野久義の天才はなぜ

長野の守備が天才の理由は?

守備では右翼手と中堅手で起用されています。

主に右翼手として起用された2010年はリーグの外野手中最多失策を記録、UZRは-4.9を喫し、シーズン後に「プロに入る前は守備と走塁はできるかなと思ってたけど、ダメでした。来シーズンは頑張ります」と語っていました。

ただ、翌2011年からは主に中堅手として起用され、2011年から3年連続でゴールデングラブ賞を獲得しています。

長野の守備の凄いところ

長野久義選手のスゴイところは、球場の旗から風向きを読んでボールの流れを予想されるそうです。

また、強肩で送球も優れていますので外野手としてはもってこいですね。

長野久義は打撃の天才

長野の打撃の特徴

ヒットゾーンが広く、バッターボックスではホームベースから離れて構えます。

これは外角のスライダーの見極めに難があったためで、Honda時代にコーチの助言で離れて立つようになりました。内角のボールは鋭く踏み込んでレフトに、外角はライトに捌く広角打法を持ち味としています。

基本的に、「打率.280、10本塁打、10盗塁」前後の数字を毎年コンスタントに記録できる打者であるためか、チーム状況に応じて複数の打順で起用される傾向の強い打者すね。

長野の打撃の凄いところ

忘れもしません。

プロ2年目の2011年では、阪神タイガースのマット・マートンと首位打者争いをして、打率.316の17本塁打という記録を残されており、最終的には首位打者を獲得されるほどです。

3年目でも、打率3割を達成して173安打という最多安打で巨人の優勝に貢献しています。

まとめ

広島カープはバティスタの代わりに長野をつかうしかありません。

関連記事

長野久義さんの結婚は、プロ野球選手が結婚する相手であるアナウンサーでもありますが、 それも人気アナウンサーであり色々と話題のある妻であったため、とても有名な話ですよね。 結婚した時期が大きな怪我をされた時期でもありますし、精神面でのサポートも多くあり、結婚に至ったのでしょうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク