【巨人】ビヤヌエバの守備がうまいとの評価!原監督は打撃より重視していた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年までいたマギーが退団となり、ビヤヌエバ にかける期待は非常に大きなものです。原監督はビヤヌエバはバッティングではなく守備を期待して獲得したようですね。

ビヤヌエバ のプロフィールは?

メキシコといえばクルーズを思い出します。

出身地 メキシコ ハリスコ州グアダラハラ
生年月日 1991年6月19日(27歳)
身長 体重 5′ 11″ =約180.3 cm 210 lb =約95.3 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2008年 アマチュア・フリーエージェントとしてテキサス・レンジャーズと契約
初出場 2017年9月18日
経歴 サンディエゴ・パドレス (2017 -2018

2008年にテキサス・レンジャーズと契約しています。

10年前からプロの世界に入っていますが長らくマイナー暮らしが続いていました。

その間に2回のチーム移籍があり、2017年にサンディエゴ・パドレスで初めてのメジャー昇格を果たしました。

ビヤヌエバ の背番号は?

登録名は「ビヤヌエバ」、背番号は今季2018シーズンにマギーがつけていた「33なりました。

ビヤヌエバ のメジャーでの成績は?

昨年はパドレスで110試合に出場し打率2割3分6厘、20本塁打でした。

2018年は4月を終えた時点では打率.321、本塁打8本、打点19と大活躍し、ナ・リーグ月間最優秀新人を獲得するも、8月に守備で右手中指を骨折した影響もあってかシーズンを通してみれば満足のいく成績にはならなかったようです。

史上3人目となるデビューから14試合目で1試合3本塁打というレアな記録を打ち立てMLBでは話題となったりはしたのですがね。

ビヤヌエバは左投手に強く右投手に弱い

対左投手が打率3割3分6厘、14発に対し、対右は1割8分9厘、6発でした。

右投手を打てるか、が注目ポイントです。

「ゲレーロから日本の野球について教えてもらっている」

ビヤヌエバ は守備がといかくうまい

ビヤヌエバ選手の守備力はどれくらいのうまいのか

ポジションはサードをメインで守っているが、その他内野全ポジションと外野も守れます。

ジャイアンツでもポシションは、サードです。

ビヤヌエバの超美技!サード守備上手すぎ【交流戦 読売ジャイアンツ対ロッテマリーンズ2019.6.7】

原監督のビヤヌエバへの守備の評価は?

ビヤヌエバビヤヌエバにも注目。私はここしか守れないという選手はいらない。打てなければ終わりだから。私は守れる選手を取りたいと思っていた」

「ビヤヌエバは実は守備から取りました。守備難でファーストしか守れない外国人は沢山打たないといけなく打てないとそこでおしまい。
彼は守備が上手くまだ若い。打撃は課題が多いですが最低でもメジャー以上って考えたら、戦力として十分だし成長を見守ってあげられるに足る守備がある

まさに守備は期待していた結果となっていますね。

ネットの声は?

まとめ

巨人ファンは今のところ、ビヤヌエバ にはバッティング期待してなさそうですが、守備は大活躍ですね。

イメージがバッティングだけでしたが予想外でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク