スポンサーリンク

相川亮二コーチの現役時代!今や現在は?小林誠司とライバルだった!

相川亮二は、横浜ベイスターズ、ヤクルト、巨人でプロ23年間を過ごし、2004年のアテネ五輪で銅メダル、2006年のWBCで金メダルを獲得した名捕手でした。

正捕手争いといえば、数年前にも小林誠司と相川亮二の争いがありました。

YouTubeやってます。登録嬉しいです。

相川亮二コーチの現役時代!今や現在は?小林誠司とライバルだった!

筋肉ヲタのイメージが強いですが、現役時代はイケメンキャッチャーで有名でした。現在は読売巨人軍のコーチ。

出身地 千葉県市川市
生年月日 1976年7月11日
身長体重 183 cm86 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1994年 ドラフト5位
初出場 1999年8月21日
最終出場 2017年10月3日
経歴 東京学館高等学校→横浜ベイスターズ (1995 – 2008)→東京ヤクルトスワローズ (2009 – 2014)→読売ジャイアンツ (2015 – 2017)

現役で23年間プレーした名捕手

現役時代は横浜ベイスターズ、ヤクルト、巨人でプロ23年間を過ごし、2004年のアテネ五輪で銅メダル、2006年のWBCで金メダルを獲得した名捕手でした。

谷繁式ではなく一度下にミットを下げるキャッチング方法。

スワローズKA 相川 キャッチング基本

現在は巨人でコーチ!原辰徳のラブコールがあった

横浜・ヤクルトでプレーしていたものの、当時は38歳のベテランでした。阿部がコンバートするとはいえ。実松やカトケンもいたはずなのに何故獲得するのか疑問に思うファンもいました。

「(初交渉は)非常に良い感触だと聞いています。小林にとっても、チームにとっても大きな存在になる」
「今までのキャリア技術を疑うことなく巨人で堂々とプレーしてもらいたい」

現役時代は小林誠司とは元ライバル・正捕手争いも

いまでは「小林♡」状態の相川ですが、ほんの数年前は捕手のライバルでした。

2015年正捕手争いの過去

2015年に移籍してきた相川は、小林との正捕手争いの過去がありました。阿部慎之助が一塁にコンバートしたときのことでした。偶然にも小林誠司捕手(当時25)と初遭遇し、挑戦的なメッセージを送っています。

「まだ(体が)細いかな。もうちょっと大きくならないと、1年間キャッチャーをやるのは苦しい。本人も分かってると思うけど」

2015年オフは自主トレに行くほど

そんな挑戦的なメッセージを小林にぶつけていた相川ですが、1年も経つとすっかり小林の魅力にハマっていた模様。

相川は年明けからサイパンで小林、大田と合同自主トレを行う。小林はレギュラーを争うライバルだが、チームの将来を考えて何でも教える考え。

2017年オフはサイパンに

2017年に引退した相川ですが、その年のオフには小林に自身の経験を教えるためにわざわざサイパンに渡航。

「(小林は)ここからが勝負だと思う。このオフをどう過ごすか。ウイークポイントを磨き尽くせば、来年はいい成績を残せる」

そして追いかけっこをして小林誠司のスマホを割ってしまいます。

イケメン査定で年俸5400万円→1億円の過去

2007年→2008年には年俸が爆上がりします。5400万円→1億円という約2倍の上げ幅です。確かにイケメンではあります。球団側も見逃せなくなったのでしょうか。

横浜相川亮二捕手(31)が“イケメン査定”をゲットした。相川ファンの存在が、きっかけとなった。23日に横浜市内のホテルでクリスマスパーティーを単独主催したが、予想を超える200人以上のファンが参加。独身で男前だけに、女性ファンからは黄色い声援が飛んだ。1人1人と記念撮影に応じるなど、精力的にサービスした。これを伝え聞いた同幹部が、存在感を再認識した。

入団時は小林とのイケメン争いも心配されました。

「相川は球界きっての男前の捕手として有名ですからね。この1年で男前としても認知度が上がった小林と争うことで、女性ファンの増加も見込める」(球団関係者)

まとめ

私もこのときの正捕手争いの事を忘れかけていましたが、まだ4年前の話なのか・・・。原辰徳は小林に試練を与えるのが好きなのか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク